トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.61 マタニティマークって知られてる?

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.61 マタニティマークって知られてる?

2008年10月7日(火) ~ 10月14日(火)
有効サンプル数 1482

 

妊婦以外にはマタニティマークは「知られていない」と思う方が77%
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第61回として「マタニティマーク、役立てていますか」というアンケートを実施しました。
現在妊娠中の方や出産を経験した女性以外には、(厚生労働省が制定した)マタニティマークは「知られていない」と思う方が77%でした。

 

1.「マタニティマーク」、妊婦さんの認知度は少し向上


ベビカムでは、2007年4月、2008年5月、今回(2008年10月)と、継続的に(厚生労働省が制定した)マタニティマークの認知度をリサーチしていますが、今回の調査結果では「知っている」方が96%、「知らない」方が4%でした。現在妊娠中の方に限れば、「知っている」方は99%です。
2007年4月のベビカムの調査では、「知っている」の74%に対して「知らない」が26%と4人に1人以上いたことを思えば、少なくとも妊娠・出産世代の女性には、この1年半ぐらいでマタニティマークは急速に浸透したようです。



グラフ1


2.電車やバスに乗るとき、「マタニティマーク」をつける?


マタニティマークのことをご存じの妊娠中の方および出産経験者の方に、「妊娠中に電車やバスに乗るとき、マタニティマークはつけているか?(つけていたか?)」をお聞きしました。
「つけている(つけていた)」という方は、今年5月の時点では34%でしたが、今回は41%で、なかでも、現在妊娠中の方では過半数の52%に達しています。
一方、「持っているがつけていない」という方も、全体では24~25%、現在妊娠中の方では34%で、決して少なくありません。



グラフ2


3.「マタニティマーク」を、持っているのにつけない理由は?


2.で見たように、「マタニティマークを持っていてもつけない」という方が現在妊娠中の方では3分の1を超えるなど、決して少なくありませんでした。
その理由をお聞きしたところ、「そもそも電車・バスなど公共交通機関で外出しない」という方を除けば、「『席を譲ってください』と訴えているようで、抵抗がある」というお答えが最多で、出産経験者の方で40%、現在妊娠中の方で35%を占めました。
一方、「マークのことが妊婦以外に知られておらず、つけても無駄だから」というお答えは、出産経験者の方で21%ですが、現在妊娠中の方では10%で、以前より世間一般の認識が進んでいると感じられるところもあるようです。



グラフ3


4.妊婦以外に「マタニティマーク」は認知されていると思う?


1.で見たように、妊娠・出産世代の女性では、「マタニティマーク」の認知度は96%に達しています。一方、4.で見たように、マタニティマークを持っていてもつけない理由として、「マークのことが妊婦以外に知られていない」と答えた方は少なくありません。そこで、みなさんに、妊婦以外の一般の人にマタニティマークはどれくらい認知されていると思うかをお聞きしました。
その結果、『知られている』と思う方は、冒頭に示した通り、「じゅうぶん」と「ある程度」を合わせても23%でした。「あまり知られていない」が65%、「まったく知られていない」が12%で、合わせて『知られていない』と思う方が77%に達しています。
みなさんのパートナーに限定しても、「知っている」は48%と半数に達しませんでした。



グラフ4


5.「マタニティマーク」の認知が進んでいるのは首都圏限定


東京都内など首都圏では、駅や電車・バスの車内にマタニティーマークを啓蒙する広告類が掲出されていたり、電車・バスの中や町を歩く人の中でマタニティマークをつけた人を見かけることも増えてきたりなど、マークの認知度や普及率はある程度向上してきているようです。
しかし、首都圏から他の地方へ転居された方からの「東京に住んでいた頃は、駅のホームなどでマタニティマークのポスターなどをよく見かけて、マークの普及活動が行われているな・・・という実感があったが、福岡に引っ越してきてから、そうしたポスター類を駅などで見たことがない」(26歳 福岡県 初産妊娠中)という指摘の通り、まだ首都圏以外では認知や普及はあまり進んでいないようです。
実際に、4.の「妊婦以外の一般の人にマタニティマークはどれくらい認知されていると思うか」という数値を、首都圏とそれ以外で比較すると、首都圏では『知られている』が37%なのに対して、首都圏以外では『知られていない』が実に87%に達しています。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

「周りから妊婦だと本当に気づいてもらいたいのは、つわりがひどい妊娠初期の頃。おなかが大きくなる妊娠後期は、マタニティマークをつけていなくても、誰でも妊婦だと分かる」(33歳 兵庫県 1児のママ)という声のように、つわりの症状が出やすい妊娠初期こそ辛いものですが、まだおなかの大きさが目立たないため、妊婦であると気づかれにくいという問題があります。

VOL.39-2でも説明しましたが、そんな状況を少しでも改善しようと、厚生労働省の「健やか親子21」推進検討会がデザインを公募し、平成18年3月に制定したのが、1.で示した「マタニティマーク」です。

【マタニティマーク制定のねらい】
◆妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくする。
◆さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進する。
・・・厚生労働省「健やか親子21」推進検討会の報道発表資料
『マ …

続きを読む

 

 

このリサーチ結果を読んだ人はこちらのリサーチ結果も読んでいます。
Vol.39-1:妊娠中の外出 (その1)妊娠中の外出で困っていることは?
Vol.39-2:妊娠中の外出 (その2)マタニティマーク、活用していますか?
Vol.88-1:外出先での授乳<2009年版>(その1) 授乳室が見つからないときの対応は?
Vol.75:妊娠中の旅行

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ