トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.52 値上げラッシュの子育てへの影響度

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.52 値上げラッシュの子育てへの影響度

2008年8月1日(金) ~ 8月4日(月)
有効サンプル数 1140

 

半数の方が、子育てに関するものの「出費増」を実感!
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第52回として、「値上げラッシュの影響について」のアンケートを実施しました。
お子さんのいらっしゃる方の半数が、『おむつ、子ども服、乳幼児用食品・・・など子育てに関するものについて、(実質的に)出費が増えた』と実感しています。

 

1.あなたが値上がりを実感するものは?


まず、みなさんが値上がりを実感するものを複数回答で挙げていただいたところ、「ガソリン代」は90%、「食料品」は84%と大半の方が値上がりを実感していました。「日用品」は46%の方が、「光熱費(電気料金・ガス料金)」は34%の方が挙げています。
次に、値上がりを実感するもののうち、各家庭にとって「いちばん困ったもの」「もっとも影響が大きかったもの」をお聞きしたところ、「ガソリン代」を挙げた方が過半数の56%、「食料品」が35%でした。
さらに、値上がりが各家庭にとって「いちばん困ったもの」「もっとも影響が大きかったもの」を、みなさんの居住地域別に比較したところ、大都市圏にお住まいの方では、「ガソリン代以外」を挙げた方が約60%でした。
これに対し、大都市圏以外にお住まいの方では、「ガソリン代」を挙げた方が70%に達しています。やはり、生活において自動車への依存度が高いところにお住まいの方にとって、ガソリン代の値上がりは頭の痛い問題のようです。



グラフ1


2.食料品の値上がりは?


では、食料品について、みなさんの値上がり実感はどんなものでしょうか?
値上がりを実感する食料品を複数回答で挙げていただいたところ、「パン」は72%、「乳製品」は66%、「パスタ、うどん、そば等の乾麺」は56%と、半数以上の方が挙げました。そのほか、「食用油」は46%、「調味料」は30%、「卵」は22%、「菓子」は20%の方が挙げています。
また、販売価格そのものが値上げされるほか、内容量の削減で「実質値上げ」になっている場合もありますね。
みなさんからも、以下のような経験談が寄せられました。

■納豆は、いつも1パックでご飯1膳にちょうどよかったのに、ちょっと足りない感じがしたら・・・、内容量が減っていた。(33歳 福島県 1児のママ)
■スナック菓子(特にポテトチップス)ですが、いつも食べているペースで食べていたら、すぐになくなってしまって、「食べすぎ?」と思ったら容量が減っていた。(38歳 東京都 1児のママ)

■いつも買っている「かにかまぼこ」が、以前は4本入りだったのに、値段は変わらず3本入りになっていた。(27歳 鹿児島県 3児のママ)
■娘が好きでよく購入していたスティック状のパンが、値段は同じなのにいつの間にか長さが短くなっていた。見てすぐにわかった。(29歳 千葉県 1児のママ)

■今まで、6個入っていたパン。3人の子どもに均等に分けられたのに、5個になってしまい、1つ足りなくなった。(38歳 茨城県 3児のママ)
■子どものお菓子。子どもが持ってみて、「軽い!」と言ったので、たまたまあった買い置きと比べたら、量が減っていました。(33歳 愛知県 2児のママ)

■今まで10枚入りだったクッキーが9枚入りに変更になっていた。商品入れ替えのため、半額になっていた方は10枚入りで、入れ替え後の新商品が9枚入りだった。(35歳 東京都 1児のママ)
■スライスチーズが10枚入りから8枚入りになっていた。10枚入りだと思ってサンドウィッチを作ろうとしたら足りなくて、「あれっ?」と思った。(33歳 滋賀県 初産妊娠中)

■「かまぼこ」の幅が細くなっていた。料理をしていて、いつもと同じ量を切って入れたつもりが、見た目少なく感じたから。(31歳 愛媛県 1児のママ)
■「お菓子」と「カップ麺」。「お菓子」は、私の唯一の楽しみなので、軽くなったのはすぐにわかった。カップ麺も中途半端に量が減って主人が1つじゃ足りなくなり、もう1つ食べるようになった。(26歳 東京都 1児のママ)

■ピザ。「生地を軽くした!」と言っているが、小麦粉の使用量を少なくしただけだと思う。食べた気がしない。(31歳 千葉県 1児のママ)
■外食に行くと、つけあわせの野菜類が激減していてさびしい・・・。 (36歳 茨城県 現在妊娠中)



グラフ2


3.値上げラッシュで、生活の何が変わった?


ガソリン代や食料品をはじめ、何もかもが値上がりし、まさに「値上げラッシュ」という状況ですが、そうした状況がみなさんのご家庭に与えた影響を複数回答でお聞きしたところ、「食費を節約するようになった」というお答えが最多で、過半数の57%の方が挙げました。
次いで「ドライブをやめた(減らした)」と「光熱(水)費を節約するようになった」がともに39%、「外食をやめた(減らした)」が34%、「ドライブ以外の外出・レジャーをやめた(減らした)」が24%です。
値上げラッシュに対しては、まず「食費の節約」を、次に「光熱(水)費の節約」や「レジャー関連支出の見直し」をした、というご家庭が多いようですね。

■だんなの晩酌! 「ビール」から「発泡酒」になり、今では「発泡酒」から「第3のビール」に・・・。 (22歳 北海道 1児のママ)
■朝食で頻繁にピザトーストを食べていたけど、チーズが高くなったので、今はまったく食べなくなった。(29歳 広島県 1児のママ)

■生魚が買えなくなった。肉も値上がりが続いているので、週に2~3回食べていた牛肉が1回に減り、豚肉、さらに鶏肉へと変わってきている。(42歳 京都府 1児のママ)
■水筒は重いしかさばるけれど、外でペットボトルのお茶を買うと相当な出費になるため、なるべく水筒を持って出かけるようになった。(35歳 愛知県 2児のママ)

■嗜好品を買うのは明らかに減っていますね。お酒、お菓子、ジュース・・・、あとは雑誌やCDなども。本当に必要かどうかを考えて、あってもなくてもいい物は買わなくなりました。(28歳 愛知県 初産妊娠中)
■雑誌を買うのをやめました。本はできるだけ図書館へ。(27歳 北海道 初産妊娠中)

■ティッシュペーパーを買わなくなりました。なるべく街で配っているポケットティッシュを何回ももらうようにし、それを使っています。(38歳 東京都 2児のママ)
■スーパーで買い物をすると無駄なものまで買ってしまうので、生協の宅配を計画的に利用するようになった。(30歳 北海道 2児のママ)



グラフ3


4.パートナーのお小遣いの変化は?


3.で見た「値上げラッシュの家庭への影響」のお答えで、「パートナーのお小遣いを減らした」という方は4%でした。
パートナーの「1ヶ月あたりのお小遣い金額」を、値上げラッシュ前と現在で比較してみると、大幅な変化はないものの、やはり、現在のお小遣い金額が値上げラッシュ前より、やや少なめになっている人もいるようです。平均金額でみると、28,119円から26,674円へと、1ヶ月あたり1,500円ぐらい低下しています。



グラフ4


5.子育てに関するものの出費は増えてる?


おむつ、子ども服、乳幼児用食品・・・などについて、「価格の改定」や「安売りをしなくなった」等で、実質的に出費が増えていると感じている方はどれくらいいるでしょうか?
冒頭にも示した通り、「はい(出費の増加を感じる)」という方が、お子さんのいらっしゃる方のちょうど50%でした。
食料品と同様に、育児用品でも、内容量の削減等による「実質値上げ」について、経験談が寄せられています。

■「紙おむつ」の枚数が、1パック40枚から36枚に減っていた。4枚は半日分の枚数なので、以前より買いに行く回数が増えた。(45歳 新潟県 1児のママ)
■子どもの「おむつ」・・・、安売りがなくなったうえに、価格すえ置きで枚数が減っていたので、ショックでした! いつも使っていたもので、4枚も減らされたら1日分減ったことになるからです。(34歳 静岡県 2児のママ)

■「紙おむつ」の実質値上げが顕著! 価格はすえ置きだけど枚数が減っているし、改良と称して素材やサイズが変更されている。(31歳 京都府 1児のママ)
■「紙おむつ」の枚数が減ったのは困る! 品質が良くなった・・・とか言うけど、同じMサイズでもひと回り小さくなっていて、サラサラ感は変わってない。大きさのことでメーカーに問い合わせたら「フィット感を出すため」って言われたけど、うんちは漏れるし使い物にならない。貴重な1パックが台無しだった。(30歳 兵庫県 1児のママ)

■赤ちゃんのおしりふきの内容量が、知らない間に10枚ぐらい減っていた。(29歳 神奈川県 1児のママ)
■粉ミルクが少し減っていた! 900g缶だったのが、同じ値段で850g缶になっていた。(27歳 神奈川県 2児のママ)



グラフ5


6.値上げラッシュの育児への影響は?


では、値上げラッシュはみなさんの育児にどのように影響しているのでしょうか?
いちばん多かったお答えは「子どもの服を買うことを減らした(リサイクルを利用するようになった等も含む)」で、お子さんのいらっしゃる方の32%が挙げました。
「子どものおやつ(ジュース等の飲み物を含む)を買うことを減らした」が25%、「おもちゃや絵本等、子どもの物を買うことを減らした」が21%、「おむつを安いものに変えた」が20%でした。
また、その他が21%となっていますが、その中で多かったのは、「おむつ」に関連して、「ちょうどトイレトレーニングの時期だったので、昼間はなるべく布のパンツをはかせるようにしました。」(31歳 岡山県 1児のママ)のように、これを機にトイレトレーニングを早めたという方、「プールは自宅のビニールプールで!」(33歳 愛知県 2児のママ)のように、レジャー・遊び関連の支出をおさえたというお答えでした。



グラフ6

 

 

今回のまとめ

原油価格の高騰による「ガソリン価格の上昇」と、世界的な穀物価格の値上がりが同時期に起こっていることで、まさに『値上げラッシュ』といえる昨今の経済状況ですが、一庶民の力ではできることも限られますし、ましてや、「これから赤ちゃんが生まれる」、「現在、子育ての真っ最中」といったベビカムユーザーのみなさんにとっては、よりいっそう頭の痛い問題でしょう。

「値上げラッシュに対して、言いたいことがあればご自由にどうぞ!」とお聞きしたところ、実に回答者全体の70%を超える800人以上の方から、悲痛な叫び? が寄せられました。

【何とかして~っ!】
■「いつまで値上げが続くの?」と、とにかく不安だらけ。いい加減、どうにかして欲しい。切りつめても切りつめても値上げに追いつかない。気力がなくなります。(33歳 埼玉県 2児のママ)
■妊娠、出産、育児で仕事を辞めた途端にこの値上げラッシュなので、出費ばかり増えてやっていけません・・・。(34歳 宮城県 1児のママ)

【お給料も増えて~っ! …

続きを読む

 

わが家の値上げラッシュへの対抗策

【クルマを使う場合】
■2台保有しているが、少しでも燃費のいいほうを頻繁に使うようにしている。(28歳 神奈川県 初産妊娠中)
■特に値上げの激しいガソリンは、満タンではなく、2,000円分、3,000円分と金額を決めることで予算を守ります。(34歳 岩手県 1児のママ)

【クルマを使わないために・・・】
■以前は保育園の送り迎えに車を使用していましたが、車の使用を控え、歩いて行くようにしました。(38歳 滋賀県 3児のママ)
■今まで、どこでも車で移動していたことを見直して、なるべく自転車を利用するようにしています。(33歳 山梨県 2児のママ)

■今までは車で行っていた買物も、土日は主人に子どもを見てもらい、自転車で行ける所に行くようになった。(32歳 神奈川県 1児のママ)
■旦那に職場まで自転車で通ってもらうようになった。(26歳 新潟県 初産妊娠中) …

続きを読む

 

このリサーチ結果を読んだ人はこちらのリサーチ結果も読んでいます。
Vol.24:ベビー用品、レンタルしたことある?

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ