トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.26 ひな祭りに端午の節句、お祝いはどうする?

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.26 ひな祭りに端午の節句、お祝いはどうする?

2007年12月21日(金) ~ 12月25日(火)
有効サンプル数 1061

 

ひな祭りに端午の節句、お祝いする予定または検討中の方が9割以上!
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第26回として「お節句のお祝いについて」のアンケートを実施しました。
女の子のいるご家庭が「ひな祭りにお祝いをするか」や、男の子のいるご家庭が「端午の節句にお祝いをするかについては、どちらも「祝う予定がある」または「検討中」という方が合わせて9割以上で、「祝う予定はない」という方は9%と少数でした。

 

1.ひな人形や五月人形、持っていますか?


まず、女の子のいる方がひな人形を持っているか、男の子のいる方が五月人形を持っているかや、今後購入する予定・買ってもらう予定があるかをお聞きしました。
結果は以下の通り。すでに人形を持っているか、今後購入する予定・買ってもらう予定があるかのどちらとも、「女の子のいる方のひな人形」についてのパーセンテージが「男の子のいる方の五月人形」についてを上回りました。女の子のいるご家庭の方が、お節句をお祝いしたいという気持ちが強いのかもしれません。



グラフ1


2.ひな人形、どんなものを持ってる?


では、女の子のいらっしゃる方でひな人形をお持ちの方は、どんなものを持っているのでしょうか? また、これから購入する・買ってもらう予定の方は、どんなものを希望されているのでしょうか?
まず、ひな人形の種類ですが、すでにお持ちの方の50%、これから購入(買ってもらう)予定の方の59%が、ミニサイズを含む「親王飾り」とお答えです。最近の住宅事情を考えれば、飾るための場所をとらない「親王飾り(二人飾り)」で桃の節句のお祝いを・・・という方が多いようです。一方で、すでにひな人形をお持ちの方の中では「多段飾り」の方も26%と、4人のうち1人ぐらいの割合でみられます。
また、ひな人形の価格帯ですが、持っているひな人形/購入(買ってもらう)予定のひな人形の種類をおおよそ反映しているようです。「ミニサイズ親王飾り」は5万円未満、「親王飾り(二人飾り)」は5~10万円、「五人飾り」が10~15万円、「多段飾り」は15ないし20万円以上というのが目安のようです。



グラフ2


3.ひな人形、買う(買ってくれる)のは誰?


ひな人形について、すでにお持ちの方・購入(買ってもらう)予定の方に、その費用を支払った(支払う)のは誰かをお聞きしたところ、すでにお持ちの方では、お子さんからみて「母方の祖父」という方が36%、「母方の祖母」という方が28%で、合わせて64%が「母方の祖父母」というお答えでした。また、これから購入(買ってもらう)予定の方でも、「母方の祖父」という方が32%、「母方の祖母」という方が39%で、合わせて71%が「母方の祖父母」というお答えでした。
母方が購入するケースがやはり多いようです。



グラフ3


4.五月人形、どんなものを持ってる?


では、男の子のいらっしゃる方で五月人形をお持ちの方は、どんなものを持っているのでしょうか? また、これから購入する・買ってもらう予定の方は、どんなものを希望されているのでしょうか?
まず、五月人形の種類ですが、すでにお持ちの方の63%、これから購入(買ってもらう)予定の方の62%が、「かぶと飾り」とお答えでした。五月人形としては「かぶと飾り」が一般的なようです。
また、価格帯ですが、すでにお持ちの方、これから購入(買ってもらう)予定の方とも価格帯はひな人形に比べ若干低めという結果でした。見た目に華やかさもあるひな人形の方がより高価ということもあるでしょうし、女の子のパパ・ママやおじいちゃん・おばあちゃんの方がお節句をお祝いしたい気持ちがより強いことの現れなのかもしれません。
全般的に五月人形の価格帯はひな人形に比べ低めでしたが、これから購入(買ってもらう)予定の方では「よろい飾り」という方も3割近くみられました。「私の幼い頃は五月人形といっても簡素なもので、金太郎がさやの付いた刀に馬乗りになっている小さなものでしたが、今は等身大のよろいかぶとの飾りが一般的と聞きます。世の中が当時と比べて格段に豊かになった証拠なのかなと感慨深く感じます。」(42歳 8歳の男の子のパパ)という、パパからの声もありました。



グラフ4


5.五月人形、買う(買ってくれる)のは誰?


五月人形について、すでにお持ちの方・購入(買ってもらう)予定の方に、その費用を支払った(支払う)のは誰かをお聞きしたところ、雛人形とは結果が大きく異なりました。
すでにお持ちの方、これから購入(買ってもらう)予定の方とも第1位はお子さんからみて「母方の祖父」とお答えの方が32%でしたが、すでにお持ちの方の第2位は「父方の祖父」で20%、これから購入予定の方の第2位は「自分たち」で24%でした。祖父母を合わせた母方のパーセンテージは46~50%で、雛人形の64~71%とは20%程度の違いがみられました。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

桃の節句に端午の節句、どちらも女の子・男の子それぞれの健やかな成長を願ってのものです。お節句で大切なのは行事やお人形の見た目の豪華さなどではなく、お子さんの健やかな成長を願う気持ちです。かと言って、日本古来の伝統的な儀式・行事ですから、そうしたことを全く気にしないわけにもいきません。特に、おじいちゃん・おばあちゃん世代の人の中には、伝統やしきたりを重視する人も少なくないので、みんなで気持ちよくお祝いするためにも最低限のところは知っておきたいですね。


そうした観点から、「風習によって違うのかも知れませんが、祖父母に購入してもらう場合、ひな人形と五月人形はそれぞれどちらの親に買ってもらうものなのか?」(35歳 4歳の女の子と1歳の男の子の2児のマ …

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ