トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.25_2 産科不足調査 (その2)妊婦健診、待ち時間の長さが不満

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.25_2 産科不足調査 (その2)妊婦健診、待ち時間の長さが不満

2007年11月29日(木) ~ 12月4日(火)
有効サンプル数 1064(対象の妊娠・出産件数 1095件)

 

妊婦健診、待ち時間が30分を超える方では7割が「行くと疲れる」と回答!
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第25回として、出産ジャーナリストの河合蘭さんと共同で「産院不足についてあなたの実感していること(したこと)」のアンケートを実施しました。
産科不足による混雑によって妊婦健診の待ち時間が30分を超えている(超えていた)方では、妊婦健診に『行くと疲れる』と「とても感じる(感じた)」方、「感じる(感じた)」方がともに35%で、合わせて70%が妊婦健診に「行くと疲れる」と感じています。

 

1.妊婦健診、大多数の方は「大切なこと」だと認識


妊婦健診を「大切なこと」だと感じる方は全体の95%。
これを2007年12月現在「初産妊娠中の方」、「経産妊娠中」の方および「2007年以前に出産した方」別にみると、近年、妊婦の救急搬送の問題がクローズアップされた際、搬送拒否された方が妊婦健診未受診だったと伝えられたこともあって、現在妊娠中の方で妊婦健診を「大切なこと」と感じる方がより多くなっています。



グラフ1


2.健診時間はどれくらい?


現在の産科不足の状況は、テレビ・新聞の報道などによって広く知られるところです。産院が減少し、残ったところに妊婦さんが集中することで妊婦健診の混雑が起きているわけですが、こうした混雑によって、健診の1人あたりの所要時間が短くなるなどの変化が生じているのでしょうか?
みなさんのお答えをみると、妊婦健診の1人あたりの所要時間の平均はおおむね15分前後で推移しており、特に短くなっていることはないようです。混雑する状況であっても、健診内容そのものの質を低下させないよう、産科医をはじめとした医療関係者が奮闘している状況がうかがえます。



グラフ2


3.では、妊婦健診の待ち時間はどれくらい?


では、「妊婦健診の待ち時間」についてはどうでしょうか? 健診時間と同様に経年変化をみてみました。
近年、健診の混雑が深刻化しているといわれるわりに、平均の待ち時間にあきらかな長時間化の傾向はみられず、おおむね45~50分前後で推移しています。1人あたりの健診時間が平均15分ということを考えると、順番はだいたい「3人待ち」ぐらいのようです。



グラフ3


4.待ち時間が妊婦さんの気持ちに及ぼす影響


45~50分という妊婦健診の平均待ち時間ですが、つわりの不快感をかかえていたりする妊娠中の時期には、とても辛いものかもしれません。そこで、妊婦健診の待ち時間の長さと、「妊婦健診に行くと疲れる」と感じる度合いの関係を調べてみました。
結果は以下の通り。待ち時間が長くなるにつれ「妊婦健診に行くと疲れる」と感じる度合いも急激に高まっています。待ち時間が15分以内の方では「行くと疲れる」と感じる(感じた)方は25%(4人のうち1人)にしかすぎませんが、31分~1時間の方では66%(3人のうち2人)、待ち時間が1時間を超える方では75%(4人のうち3人)が「妊婦健診に行くと疲れる」と感じています。



グラフ4


5.待ち時間の長さが、妊婦健診への安心感にも影響


「妊婦健診に行くと安心できる」と感じられない(感じられなかった)方は50人で、全体1091件の5%にしかすぎませんが、こうした方の妊婦健診の待ち時間の平均は64分と1時間を超えていました。一方、 「妊婦健診に行くと安心できる」と感じる(感じた)方の平均待ち時間は50分、とても感じる(感じた)方の平均待ち時間は46分でした。
待ち時間が長いと、妊婦健診で得られる安心感にも影響するようです。


グラフ5

 

 

今回のまとめ

産科不足調査(その1)では、産科不足が進行した影響で、分娩予約がむずかしくなってきている現状についてレポートしました。

さらに、ようやく出産する場所が決まっても、そこで受診する妊婦健診に「混雑している」「待ち時間が長い」といったみなさんの不安・不満があることがわかりました。健診の待ち時間が1時間を超える方では、妊婦健診への安心感が低下する状況もみられます。

(その1)では、自宅または実家から近い出産施設を選ぶ傾向の背景として「妊婦の救急搬送の問題点」を挙げましたが、こうしてみると、近くの出産施設を選ぶ傾向には『待ち時間が長いので、往復の通院時間も含めた妊婦健診の際のトータルの所要時間を少しでも短くしたい』という、みなさんの意識が影響していることも考えられます。

産科医の絶対数が不足している現状では、妊婦健診の待ち時間の長さが、短期間で劇的に改善することはなかなか期待できないでしょう。だとすると、妊婦健診の安心感を確かなものにするためには、(その1)の繰り返しになりますが …

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ