トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.25_1 産科不足調査 (その1)出産できる場所が選べない?

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.25_1 産科不足調査 (その1)出産できる場所が選べない?

2007年11月29日(木) ~ 12月4日(火)
有効サンプル数 562(対象の妊娠・出産件数 1095件)

 

8人に1人が「産みたいと思った出産施設で分娩予約ができなかった」経験あり!
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第25回として、出産ジャーナリストの河合蘭さんと共同で「産院不足についてあなたの実感していること(したこと)」のアンケートを実施しました。
「ハイリスク妊娠のため受け入れ不可と言われた」というように医療的判断でやむをえなかった場合以外の、「満員」「分娩中止」など産科不足に関係する理由によって『産みたいと思った出産施設で分娩予約ができなかった』ことがある方は、アンケートを実施した時点で妊娠中の方189人の13%(8人に1人)にあたる24人でした。

 

1.年々むずかしくなっている「分娩予約」


冒頭に示した通り、2007年12月時点で妊娠中の方のうち、「満員」「分娩中止(予定)のため新規の分娩予約は受け付けない」など産科不足に関係する理由によって『自分が希望する出産施設で分娩予約ができなかった』ことがあるのは13%(8人に1人)でした。
『希望する施設で予約ができなかった』方は、2005年以前では6%(17人に1人)、2006年では7%(14人に1人)、2007年(11月まで)では8%(13人に1人)でした。分娩予約ができない経験をする方が年々増加していること、なかでも、この1年ぐらいで急増していることがわかります。



グラフ1


2.近くに出産施設は十分あると感じる?


住んでいる地域の出産施設の数について、「多数あり、条件や希望に合うところを選べる状況」とお答えの方は、2007年までに出産した方では32%(およそ3人に1人)いましたが、2007年12月時点で妊娠中の方では28%に低下しました。一方、「出産施設は1ヶ所しかなく、選択肢はない」とお答えの方は、2006年までに出産した方では3%でしたが、2007年には6%に達しました。
また、2007年12月現在で妊娠中の方では「まあまの数があり、何とか選べる状況」とお答えの方が47%と半数近くに達しました。近年、テレビ・新聞などのマスコミで『産科不足』『お産難民』といったニュースが盛んに報道されたことで、妊婦のみなさんに産院選びは容易ではないという覚悟ができ、「自分の地域は、分娩予約できただけましな状況かも・・・」といった意識がはたらいていることも考えられます。



グラフ2


3.出産施設までの理想の近さは?


では、出産施設までの所要時間、みなさんの理想はどれくらいでしょうか?
結果は以下の通り。初産の方も、出産経験のある方も「クルマで15分圏」とお答えの方が約7割、「クルマで16~30分圏」とお答えの方を合わせた「クルマで30分圏」という方が97%に達しました。



グラフ3


4.分娩予約した出産施設までの所要時間はどれくらい?


実際にみなさんが分娩予約した出産施設は、自宅または実家からどれくらいのところにあるのでしょうか?
「クルマで15分圏」にあるという方は、2005年から2007年にかけて64%→61%→56%と低下しており、分娩予約できる出産施設が自宅や実家の近所ではだんだん見つけにくくなっていることがわかります。
一方、 2007年12月現在で妊娠中の方では「クルマで15分圏」の方のパーセンテージが63%に上昇しています。3.で見たように、出産場所として自宅または実家から「クルマで15分圏」を希望する方が多く、近年の『産科不足』や『お産難民』についての報道のなかで『妊婦の救急搬送』の問題が取り上げられたこともあってか、ともかく、より自宅または実家に近い出産施設を選ぶ・・・という傾向が強まっているのかもしれません。



グラフ4


5.出産施設が遠いと、どんなことが不安?


出産施設が遠いと、みなさんはどのようなことを不安や負担に感じるのでしょうか? 出産施設までの所要時間別に比較してみました。
所要時間が30分を超えると、「陣痛が起きて入院するとき、間に合うかどうか」の不安感や、「入院中、家族が面会に来るとき」の負担感を感じる方がとても多くなることがわかりました。


グラフ5

 

 

今回のまとめ

今回のアンケートは、多くのマスコミ報道などでよく知られるようになった「産科不足」やそれに起因するさまざまな問題について、みなさんが実際にどんな経験をされ、どのように感じているかを把握するために実施しました。

その結果わかったこと・・・。

1つは、一連の報道にみられるような「産科不足」に関係する理由によって、誰もが産みたい施設で産めるわけではないという状況が深刻化していることです。『自分が希望する出産施設で分娩予約ができなかった』経験のある方が、全国トータルでも10%(10人に1人)を超えています。(ここ1、2年で急激に出産施設が減少した県では、そうした方がおよそ4人に1人にまで達しています。)

もう1つは、妊婦の救急搬送での問題点などもクローズアップされた結果、最近の出産施設選びでは「ともかく自宅(または実家)から近いところ」を希望する傾向が強まっていることです。

ただ、実際の出産施設選びにおいては、「近い」「上の子を産んだとき、とてもいい病院だった」など1つ2つ …

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ