トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.22 親子のコミュニケーションって、何?

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.22 親子のコミュニケーションって、何?

2007年11月5日(月) ~ 11月12日(月)
有効サンプル数 949

 

親子のコミュニケーション、「足りていない」と思うママは1割ぐらい
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第22回として「親子のコミュニケーション」についてのアンケートを実施しました。
「子どもとのコミュニケーションが足りていない」と思うママは、お子さんのいらっしゃる方856人の1割ぐらいにとどまりました。

 

1.子どもとのコミュニケーションは足りてると思う?


ママ自身のお子さんとのコミュニケーションについては、冒頭に紹介したとおり、「足りていない」と思うママ(「あまり足りていない」と「足りていない」の計)は1割ぐらいにとどまりました。これを、ママがお仕事をしている/していない別に比較すると、お仕事をしているママでも「足りていない」と思うママは16%にとどまっており、ママ自身はお子さんとのコミュニケーションをとる(とれる)ように努力している様子がうかがえます。
一方、パパとお子さんとのコミュニケーションについては、「足りていない」と思うママが3分の1を超える37%に達しました。



グラフ1


2.純粋に子どもと向き合う時間はどれくらい?


では、ママ・パパそれぞれが、「いっしょに遊ぶ」「絵本を読む」等で純粋にお子さんと向き合う時間は1日どれくらいでしょうか?
平日については、「4時間以上」という方がちょうど半分でした。ただ、お仕事をしているママでは「4時間以上」という方は4割に達していません。一方、パパでは「そうした時間はない」が16%、「15~30分くらい」が41%で、合わせて過半数の57%が平日にお子さんと純粋に向き合う時間はほとんどないという状況でした。
休日については、「4時間以上」という方が約6割で、ママがお仕事をしている/していないで違いはほとんど見られません。また、パパでもそうした時間が「4時間以上」という方が45%と半数近くに達しており、平日はなかなかお子さんと純粋に向き合う時間がない(とれない)パパも、休日にはお子さんとのコミュニケーションに頑張っている様子がうかがえます。



グラフ2


3.食事は家族全員でそろって取る?


家族そろっての一家団らんの食事の時間は、ママ・パパとお子さんとのコミュニケーションの時間の1つとして大切なものですが、みなさんどれくらい家族そろって食事を取っているのでしょうか?
結果は以下の通り。平日については、夕食でも家族全員でそろって取るという方は4割に達していません。一方、休日の昼食や夕食では、大半の方が家族全員でそろって取っているようです。
また、「平日は、朝食時が唯一の会話時間なので、なるべくパパとの会話をさえぎらないようにと思っている」(30歳 2児のママ)/「平日、パパが帰ってきたら子供は寝てしまったあとということが続いたので、朝は子どももいっしょに起こし、みんなで朝ごはんを食べてパパを玄関で見送る」(25歳 1児のママ)のように、朝食の時間でパパとお子さんとのコミュニケーションを取っているという方は少なくありませんでした。「朝食は取らない」という方が平日・休日とも5%ぐらいいますが、親子のコミュニケーションという点でも、朝食はきちんと取るようにしたいですね。



グラフ3


4.大事にしている親子のコミュニケーションは?


「大事にしている(したいと思う)親子のコミュニケーションは?」の問に対し、最も多くの方がお答えになったのは「生活の中で、子どもとよく会話をしたり話しかけたりすること」で、95%と大半の方が挙げました。次いで「いっしょに食事を取ること」が77%、「からだを使っていっしょに遊ぶこと」が72%、「いっしょに入浴すること」が62%とそれぞれ過半数で、多くの方は「会話・話しかけ」や「いっしょに食事を取る・遊ぶ・入浴する」など、日常生活のなかでの、親子の何気ないコミュニケーションを重視しているようです。



グラフ4


5.親子のコミュニケーションのきっかけは?


では、みなさんがそうした親子のコミュニケーションの「きっかけ」としている(したいと思う)ものは、どんなものでしょうか?
その第1位は「絵本」で、70%の方が挙げました。
先だってのウィークリーリサーチ(VOL18 「今ママたちが読んでいる本は?」)でも、お子さんが1歳以上では月に1冊以上絵本を読んであげるという方が76%すなわち4人のうち3人以上となっており、多くのママたちが、絵本(の読み聞かせ)を通じてお子さんとのコミュニケーションを図っているようです。
第2位~第4位は「散歩(途中目に入るものに関しておしゃべり)」、「家での食事(ごはん・おやつ)」、「近所の公園での外遊び」と何気ない日常生活での行動が並び、それぞれ過半数の69%、65%、58%の方が挙げました。4.でみた、みなさんが「日常生活のなかでの、親子の何気ないコミュニケーション」を重視していることが反映されています。
第5位と第6位には「音楽」、「音の出るおもちゃ」と、『音』に関するものがそれぞれ44%で並びました。一方、「子ども向けDVD」「子ども向けテレビ番組」は20%に達しませんでした。


グラフ5

 

 

今回のまとめ

今回のアンケートからは、みなさんがお子さんとのコミュニケーションを重視し、そのために日常生活のなかで努力されている様子が伝わってきました。

とは言っても、ふと「コミュニケーション不足では?」と感じることも少なくないようです。

【ママたちが「コミュニケーション不足かも?」と思うとき】
■寝かしつけの時に「今日はあんまりママと遊ばなかった・・・明日はいっぱい遊ぼうね」と言われたとき。(28歳 1児のママ)
■下の子を妊娠をしてから上の子をあまりかまってあげられなくなり、「淋しかった」と保育園の帰りに言われたとき。(41歳 妊娠中の1児のママ)

■旅行など、家事から解放された状態で娘と過ごす時にいろいろな話をしたり遊んだりしていると、娘の笑顔が本当に楽しそう。普段とは違う話もしてくれるので、日常のコミュニケーションが足りないのかなと感じます。(32歳 2児のママ)
■どうしても家のことをやっている間はかまってあげられないので、テレビなどを子どもがじっと見ている姿が痛々し …

続きを読む

 

私の「子どもとのコミュニケーション」

【遊びの時間のメリハリをつける】
■家にいると家事に追われがちで、子どもと一緒にいるもののなかなかきちんと向きあって遊ぶ時間が少ないです。なるべく児童館など人が集まるところへ行って、わが子や他の子たちと遊ぶ時間をつくるようにしています。(34歳 1児のママ)

【家事も、遊び感覚を取り入れて子どもといっしょに・・・】
■家事の間もそばにいて 手伝ってもらいながらいっしょに遊び感覚でやっている。(21歳 2児のママ)
■実家に行くと、母が子どもといっしょに料理をしたりお菓子作りをしたり、絵本を読んでくれたり。ビデオを見せるにしても膝に乗せて見せたり。それを見ると、いつも自分は「かえって時間がかかる」と手伝いをさせなかったり、ビデオを見ているからと自分はインターネットをしたりしていた。子どもともっと上手にコミュニケーション取らなきゃと反省する。(35歳 2児のママ)

【抱きしめてあげること】< …

続きを読む

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ