トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.18 今ママたちが読んでる本は?

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.18 今ママたちが読んでる本は?

2007年10月12日(金) ~ 10月15日(月)
有効サンプル数 626

 

妊娠中、月に1冊は妊娠育児本を読むママが68%
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第18回として「あなたの心に残った本」についてのアンケートを実施しました。
インターネットで調べられることが多くなったとはいえ、毎月1冊くらいのペースで妊娠育児本を読むママたちが68%いました。初めて出産という妊婦さんに人気なのは、やはり妊娠の経過や赤ちゃんの成長について詳しい「百科もの」。一方、上にお子さんがいる妊婦さんに人気なのは、育児に関する「マンガ」や「エッセイ」など、ホッと息を抜けるようなジャンルものでした。

 

1.妊娠中、どんな本を読んでました?


妊娠中、月に1度は妊娠・出産・育児に関する本を読むというママは68%。週に1冊というママも14%にのぼります。では、妊娠に関係のない小説やノンフィクションなど一般の本は? というと以下の通り。「読んでいない」という回答が、妊娠~育児本に比べると2倍近くです。ふだんあまり本を読まないという方たちも、妊娠をきっかけにして、妊娠~育児本に関しては興味が高まっていることがわかります。

●妊娠中にオススメ●多数の回答が集まった本は?

『子育てハッピーアドバイス』明橋大二
・これから子育てをするうえで忘れてはいけないことを、先に教えていただけ、生まれてきた子ともゆったりつきあってこられた気がします。かわいい絵の漫画もついているし、かつ端的にまとめられていていて読みやすい。(28歳 1児のママ)
・忙しかったりイライラしがちな子育てですが、頭の片隅にいつも置いておきたい重要なアドバイスが書かれています。(32歳 1児のママ)

『わたしがあなたを選びました』鮫島浩二
・読みながら涙がポロポロ・・・初めての出産の不安も消え、心強くなったのか(?!)、この本に出会えた次の日に出産しました!(34歳 1児のママ)
・妊娠出産の不安が軽減されると思う。(32歳 1児のママ)

『横森式マタニティ』ほか横森理香のエッセイ
・一般論ではなく1人の女性としてマタニティライフをじっくり綴ってある本は他にはなかなかない。横森さんならではのぶっちゃけた内容や考えが読んでいて楽しく、気分転換になった。(29歳 妊娠中)



グラフ1


2.育児本どれくらい読んでます?


お子さんの年齢別に、どれくらい育児に関する本を読んでいるか聞いてみました。
結果は以下のように、子どもが1歳、2歳と成長するにつれ、その読書頻度は見事に減少! 生まれたばかりの頃の、「もしかして病気かも?」「こんなときどうすればいいの?」という日々から、だんだんと自信をつけていくママたちのようすがはっきりと出ています。

●赤ちゃんが1歳になる前にオススメ●多数の回答が集まった本は?

『育児の百科』松田道雄
・肩に力を入れない育児でも子どもは育つと言うことを教えてくれ、精神的に楽になるし、それぞれの月齢に応じた解説が載っている。病気やくせなど、ネガティブなことについても前向きになれることが書かれていて、何度ほっとしたことでしょう。(36歳 3児のママ)

『マジカル育児図鑑』ほか、高野優さんの育児コミックやエッセイ
・育児書などを読みすぎると実体験と少し違うだけで不安になるが、教育書でなく失敗も含めた体験談なのでライトでいい。(36歳 1児のママ)

『○月生まれの赤ちゃんの本』シリーズ NHK出版
・生まれた季節によって1年の過ごし方が全く違ってくるし、半年後、1年後の子どもの状態がイメージできずに不安だったのが、この本を読んで解消されました。とくにうちの子は3月生まれで、早生まれでも最後の方になることについて不安が大きかったのですが、春に生まれることの良さもわかり、いいイメージが持てました。(31歳 1児のママ)



グラフ2


3.子どもの絵本どれくら読んでる?


お子さんにどれくらい絵本を読んでいるかを聞きました。
これは、妊娠~育児本とは対照的に、お子さんの年齢が上がるにつれ、その頻度が上がっていきます。興味深いのは、0歳では、週に1冊以上読むという方と、全く読んでいないという方のボリュームが同じくらい多いこと。言葉がまだ出ないうちから積極的に読み聞かせる方と、まだ早いと思う方とに分かれるようです。

●はじめての絵本●多数の回答が集まったのは?

『いないいないばあ』松谷みよこ
・絵が1ページにおっきく描かれていて、その動物の表情もはっきりしていて赤ちゃんでもすぐになじめたから。(28歳 1児のママ)
・4ヶ月くらいから読み聞かせをしていましたが、いちばん喜んだ作品でした。(33歳 1児のママ) と、圧倒的に人気!
他にも、『いないいないばぁあそび』<きむらゆういち>など、赤ちゃんの「いないいないばぁ」人気は絶大。

『じゃあじゃあびりびり』まついのりこ
・日常よく見る物の絵に短い言葉が添えられていて、すごく単純ですが、子どもの心を引きつけるようでした。親も読むのが簡単で、子どもといっしょに楽しめるし、よく読みました。(32歳 2児のママ)



グラフ3


4.(育児に関係のない)一般の本読んでますか?


こちらは年齢別に見ると、月に1冊以上は読むという方は、子どもが0歳~3歳まで、半数以下です。読んでいないという方も半数近く。この時期、やはり育児本や絵本に関心が向く方が多いようです。
一般の本を挙げられた方も、育児につながる観点で読まれている様子が伺えました。

●育児中に読んだ一般書●ママたちのオススメは?

『女性の品格』坂東 眞理子/ママになって、こうありたいと思ったので。(31歳 1児のママ)
『小さいことにくよくよするな』リチャード・カールソン/大好きなので、自分の時間があるときに、開いたページの項目をひとつ読んでいます。元気が出て、人として優しい穏やかな気持ちになれるから大好きです。(36歳 3児のママ)
『ファーブル昆虫記』ファーブル/昆虫の世界を通して生きること、子どもを残すことを感じることができた。(37歳 2児のママ)
『鈍感力』渡辺淳一/これから育児をしてくうえで、こういう鈍感力は必要だと思ったから。(31歳 1児のママ)

小説全般/育休明けで通勤時間に読書できるようになり、それまで読めなかった大好きな小説を、むさぼるように読んだ。(42歳 2児のママ)
一般のファッション誌/
きれいな写真を見ていると気分転換になった。(31歳 1児のママ)/社会から取り残された感覚から少し、解き放たれます。(27歳 1児のママ)



グラフ4


5.どこで本を買っていますか?


妊娠・育児中に重い本の買い物はちょっと負担かも。インターネット書店などを利用するママがやはり多いのでしょうか?
結果は、オークションを含めても、ネットで買うという方は全体の1割くらい(★)。実際に書店で買うという方が半数以上です。また、2割近くを占めたのが「図書館で借りる」派。妊娠~育児本は必要な時期が限られるので、借りた方が合理的かもしれないですね。絵本も、まずは図書館で借りてみて、子どもが気に入ったものだけを買うとしている方もいるようです。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

お子さんがいると、なかなかゆっくり本を読めないもの。でも、日々小さい悩みが生まれたり、子どもの成長に喜んだり、ちょっと疲れてイライラしたりという感情の動きが大きい時期だからこそ、1冊の本が感情を沈めてくれたり、大きな励ましを与えてくれたりします。
最後に、みなさんの回答の中から「前向きな気持ちにしてくれた1冊」の一部をご紹介します。

『手紙』東野圭吾
・映画にもなった本です。映画ではなく活字で読んで、感じて欲しい。本の中の色々な立場に自分を置き換えることによって、今後どのように自分が考え、行動していけばよいのか考えるきっかけになると思います。もちろん、正解なんてないのですけど。

『イルカ』よしもとばなな
・出産がテーマになるのかもしれないけど、読んでいてスーッと力の抜ける部分がありました。号泣することはないのですが、涙が頬を伝うような素敵な本でした。

『五体不満足』乙武洋匡
・乙武さんが生まれてきたとき、医療者は母親に赤ちゃんをすぐに見せなかったそうですが(障害 …

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ