赤ちゃんの 沐浴ってなぁに?

出産を終えて病院から自宅に戻ると、いよいよ赤ちゃんとの生活がはじまります。
はじめての育児・沐浴は分からないことがたくさん。ここでは、正しい沐浴の方法やスキンケア方法についてご紹介します。

さあ、予習しましょう

プレママのみなさん、「沐浴(もくよく)」という言葉はご存知ですか?沐浴はかわいい赤ちゃんとの最初の大切なスキンシップです。生まれてから慌てないよう、妊娠中の今からしっかり予習しておきましょう。

Lesson1 「沐浴」ってなぁに?

生まれたばかりのころは生活のリズムも大人とは違います。また、抵抗力が弱く、細菌に感染しやすいなどの理由もあり、生後1カ月~1カ月半くらいまでは、大人と同じ浴槽でなく、ベビーバスを利用するママが多いようです。ママやパパと一緒に湯船に入る「入浴」と区別して、これを「沐浴」と呼んでいます。

Lesson2   赤ちゃんのお肌と「沐浴」の効用

赤ちゃんのお肌は新陳代謝が活発、しかもとても汗っかき。あせもや湿疹を防ぐためにも毎日の沐浴は欠かせません。毎日、できれば決まった時間に沐浴するようにしましょう。特に汗をかきやすい夏などは、1日に何回か沐浴してもよいのです。

Lesson3 「沐浴」するときのポイント

赤ちゃんはのぼせやすく湯冷めしやすいので、「手早く」を心がけましょう。赤ちゃんを裸にするのは、バスタオルや着替えなど、必要なものをすべて準備してから。必ずしもお風呂場にベビーバスを置いて沐浴する必要はありません。冬、お風呂場が寒いときなどは、暖房が効いた部屋で沐浴させるのもひとつの工夫。キッチンのシンクで使えるタイプのベビーバスもあります。

沐浴の準備

妊娠中の今のうちに、沐浴の流れをつかんでおけば、ママになってから慌てることもありません。パパと一緒に覚えておけばさらに安心です。

沐浴のときには、石けんや沐浴剤を使って赤ちゃんの体を清潔にします。「時間がかからないから、赤ちゃんがのぼせにくい」「ひとりで沐浴させるときは手軽なほうがいい」などの理由で、すすぎのいらない沐浴剤を使うベビカムママも増えている様子。「ひとりのときは沐浴剤、パパやおばあちゃんが手伝ってくれるときは石けん」と使い分けるのもOK。
ここでは、沐浴剤を使った沐浴方法をご紹介します。

用意するもの
・ベビーバス ・沐浴剤 ・ガーゼ2~3枚 ・バスタオル ・着替え ・オムツ ・綿棒  
・湯冷ましなど ・湯温計 ・沐浴布 

動画でわかる! 沐浴剤を使った沐浴の手順とコツ

ベビー服とおむつ
1.着替えを準備
お風呂あがりに慌てないように、肌着と上着は袖を通し、オムツは広げて、あらかじめ用意しておきましょう。
ベビーバスと沐浴剤
2.ベビーバスを準備
湯温は38~40度。慣れないうちは湯温計でチェック。沐浴剤はこのときに入れておきます。
ベビーバスに赤ちゃんを入れる
3.さあ沐浴開始
まずはベビーバスのお湯にガーゼをひたし、顔を拭いて、それから服を脱がせます。沐浴布を体にのせて足からゆっくりお湯に入れましょう。
ガーゼで赤ちゃんの頭を拭いている
4.まず頭から
ガーゼで頭を洗います。頭は脂っぽいのでしっかりと、赤ちゃんの顔に水がかからないように注意して。
お湯に浸かった赤ちゃんを手のひらで洗っている
5.次に体
沐浴布を少しずつ脱がすようにしながら、手、脇、首、胸、お腹、足を手のひらでなでるように洗います。足や股、くびれている部分も丁寧に。
背中を向けた赤ちゃんを手のひらで洗っている
6.最後に背中
赤ちゃんのあごを腕に乗せるようにして背中向きにかかえ、手のひらで首、背中、おしりの順に洗います。
赤ちゃんをお湯から上げる
7.これで終了
再び仰向けにして温めてあげます。沐浴剤はすすぎや上がり湯はいりません。このままお湯から上げて沐浴終了。
バスタオルの上でねんねする赤ちゃん
8.タオルで拭いてお着替え
バスタオルの上に赤ちゃんを寝かせ、軽く押さえるように拭きます。おへそ、鼻、耳は綿棒でやさしくお手入れ。赤ちゃんがほしがるようなら湯冷ましや母乳を飲ませてあげましょう。

詳しいお風呂上がりのお世話の仕方についてはこちら>>

赤ちゃんのための準備をしよう

スキナベーブ<医薬部外品>

新米ママ・パパの心強い味方!1970年発売、ロングセラーの沐浴剤です。ベビーバスのお湯に入れてその中で赤ちゃんを洗うだけ。石けんではないので、すすぎ・上がり湯が不要。準備も手順も簡単!

  • 聖母病院 助産師 山本智美さん
  • 監修:聖母病院 助産師 山本智美さん

    助産婦(助産師)。
    総合病院・助産婦学校非常勤講師を経て、現在は聖母病院(東京 新宿区)に勤務。
    いつも妊婦・産婦さんの気持ちを大切に、やさしく、そして時には厳しくコミュニケーションしている。