ママ&パパが沐浴にチャレンジ! 第9回 沐浴体験会

2007年11月3日(土)開催  >>体験会レポート一覧はこちら

沐浴体験会 第9回の様子1今回の沐浴体験会&育児講座は、とりあえずママに連れてこられたという状況らしく、パパたちは若干緊張した面持ち…。でも、聖母病院助産師であり、ベビカムアドバイザーの山本さんのリードで育児講座が進むうち、緊張もほぐれてきたようです。妊娠中・産後にパパがすべきこと、グチの聞き方アドバイスなどで話は盛り上がり、ご夫婦での沐浴体験も楽しんでいただきました。


沐浴に関する質問

沐浴体験会 第9回の様子2

寒い季節は、沐浴で風邪をひかないか心配です

沐浴させる部屋を暖かくして、赤ちゃんをお湯からあげたらすぐにバスタオルで体を包みます。その後、頭から水気を残さないように、ふいていきます。からだはゴシゴシこすらず軽く押さえるように、やさしく丁寧にふいてあげてください。また肌着と服は、沐浴前に予めセットしておくようにしましょう。服の袖に肌着の袖を通しておくと、肌着と服を一緒に着せてあげることができるのでスムーズですよ。


沐浴体験会 第9回の様子3

洗ってあげる時の、力の入れ加減がわかりません

そんなに怖々と扱わなくても大丈夫ですよ。赤ちゃんは思っている以上に丈夫なものです。とくにおでこや顔は、清潔にしないと乳児湿疹がでやすいので、しっかりと洗ってあげてください。
おむつの付け外しの時は、股関節がまだしっかりしていないので、足だけで持ち上げないようにしてください。赤ちゃんの足首を持ち、ひざを曲げた形でおなかの方に押すと、おしりが自然とあがりますので、その体勢でおむつの付け外しをするようにしましょう。


沐浴体験会 第9回の様子4

沐浴時間はパパが帰宅後の夜でも大丈夫でしょうか?

理想としては、夕方までにさせてあげられるとよいのですが、夜でも問題はありません。大切なのは赤ちゃんの体内リズムを考えて、毎日できるだけ同じ時間帯に沐浴させるということです。なぜ夕方までに…かというと、日中に沐浴で赤ちゃんを裸にすることで、肌の状態がわかり、異常があった時はすぐに対応できるからです。夜、沐浴のときにはじめて異常に気づくと、夜間救急にかけこむしかなくなりますからね。夜、沐浴させる場合は、日中1回は赤ちゃんを裸にしてみて、体全体をチェックするようにしてください。


出産に関するパパ・ママからの質問

沐浴体験会 第9回の様子5

妊娠中、パパにしてほしいことは?

(ママの意見)
・ちょっとしたことなんですが、洗濯物を干したり、取り込んだりする作業がけっこう大変なので、やってほしいなぁと思っています。
・お風呂洗いですね。かがむ姿勢が苦しいので、やってもらえると助かります。たま~にやってくれるんですが、もっとやってくれると嬉しいな。

家事が得意なパパも、そうでないパパもいると思いますが、自分にできる範囲のことをやってあげてください。その気持ちだけでもママは嬉しいものですよ。またママもやってほしいことは、きちんと口に出してお願いするようにしましょう。気づいてくれるのを待っている…という姿勢はよくありません。そしてパパにやってもらったら「ありがとう」と、感謝の気持ちを伝えることが大切です。


沐浴体験会 第9回の様子6

出産後、パパにしてほしいことは?

「赤ちゃんが生まれた!」と聞いてかけつけた時、まずパパにしてほしいこと、それはママに声をかけてあげることです。出産後は、どうしても赤ちゃんに気をとられがちですが、まずママに「頑張ったね」「ありがとう」など、最高の言葉をかけてあげてください。出産という大仕事を終えた後の妻は美しいものですよ。
また、パパにもママにも出産前に予め心しておいてほしいのは、自分と他の人とを比べないこと。生身の人間が一人一人違うように、お産も一人一人違います。「あの人は産んだのに私は…」などと、あまり気にせずに、しっかりとした気持ちで出産に臨んでくださいね。


沐浴体験会 第9回の様子7

父親として、赤ちゃんにどう接したらいい?

確かに赤ちゃんが生まれたばかりだと、パパとして何をやっていいかわからないというのが本音だと思います。そんな時は、まず「ママのグチを聞く」ことからはじめてください。
最近、産後に『うつ』になる傾向が多く見られます。今ここにいらっしゃる3人のママは、みなキャリアを持っている方々ですが、今までバリバリと働いていた人の方が危ないのです。理由としては、妊娠・出産により社会と寸断された気分になり、女性としての自分、私としての私がなくなってしまう…という不安によるものが大きいといわれています。
パパはママの精神面をサポートするためにも、仕事で疲れていて大変でしょうけれど、家に帰ったら、めんどうくさがらずにママの話を聞いてあげてくださいね。

沐浴体験会 第9回の様子8★新米パパにアドバイス! 上手なグチの聞き方★
<その1 とにかく聞く>
「こうすればよかったんじゃない?」「でも、こういう考え方もあるよね」なんてアドバイスはいりません。かえって逆効果です。とにかくママが話す内容をやさしく聞いてあげましょう。
<その2 きちんとあいづちを打つ>
「ふ~ん」だけの繰り返しだと、「ちょっとぉ、聞いてるの?」とママの怒りをかってしまうことも。「ふ~ん」「それで?」「それから?」と興味をもって聞く姿勢を見せることが大切です。


参加してくださったみなさん

増田さんご夫妻

増田さんご夫妻

今回の体験で沐浴方法もしっかり覚えられたし、2人で一緒に体験できたので、とても自信がつきました。貴重な体験、ありがとうございました。

須藤さんご夫妻

須藤さんご夫妻

私たち夫婦にとって、初めての体験会はすべてが興味深く、また夫婦の会話の大切さに気づくことができる絶好の機会になりました。

有住さんご夫妻

有住さんご夫妻

沐浴させたり、抱っこしたりしているうちに、人形がかわいくてしかたがなくなっちゃいました(笑)。赤ちゃんがやってくるのが楽しみです!