トップページ > 0歳からはじめるスキンケア > 妊婦さんの気がかり解消Q&A > Q,7 陣痛が不安!事前の準備は何をしましたか?

先輩ママに聞く 妊娠後期のQ&A
妊娠後期の悩み・不安

出産を間近に控えた妊娠後期は、からだだけでなく、心も不安定になりがちです。
ひとりで抱え込まずに、助産師さんや先輩ママに相談をして残り少ない貴重な妊娠期間を存分に楽しみましょう。

Q.

陣痛が不安!事前の準備は何をしましたか?

現在10ヶ月。予定日が近付いてますが、実際どのタイミングで陣痛がくるのか、前兆があるのか不安です。1人で出かけていたときに急に陣痛が起きたら?と考えると不安です。みなさんは陣痛に備えて何か準備をされましたか?どのような状況で陣痛がきましたか?(nozomi1106さん 29歳 妊娠10ヶ月)

A.
陣痛が来てもいつも通りに過ごすよう指導されました (さぁこさん 24歳)
出産経験者であるある母親に相談したり、通っていた産院の方針が、子宮口が10cm開いていても歩行などをし陣痛を促すというものだったため、陣痛がきても普通に過ごして問題ないというより、むしろ歩けなくなるまでは、いつも通りに過ごすべきだと教えられました。

実際に、陣痛がきてからも、痛みのある間は動けませんが、陣痛の合間は歩行したりバランスボールに乗ったりして、いきみ逃しをし、大きな陣痛を誘発するように過ごしました。

また、出産予定日を過ぎてからの外出は不安でしたが、産院まで散歩に行くなど、近場でなるべく出歩く努力をしました。破水対策用のパットと母子手帳のみを持ち歩くようにしていました。破水対策用パットは、散歩中の破水が不安だったため、持っているだけでかなりの安心感がありました。

A.
前向きなイメージトレーニングで解消! (しみちゃんさん 36歳)
出産経験のある友人に色々体験談を聞くこと。あとわずかの妊娠期間を思い切り楽しみ、出産を前向きにとらえること、人生で1度か2度の貴重な体験として考えることなど、前向きなイメージトレーニングで解消しました。

A.
ここまできたら産まないと終らない!と覚悟しました (文楽さん 36歳)
ここまできたら産まないと終わらないと思ったら覚悟ができました。呼吸方法をしっかり練習し、おしるしが来てもすぐに出産できるものではないし、破水してもすぐ病院への連絡が取れるように携帯に登録。タクシーを利用することになるので、タクシー会社の電話番号も登録し、バスタオルとお茶とストローを準備してました。陣痛が長時間になったとき、ストローがあると便利よと友人に言われたからです。

上の子は早朝おしるしがありましたが、母に電話すると「そんなすぐ産まれない」と言われ、その日は仕事に行きました。翌朝陣痛で起きて、病院へ行ってから、3時間で出産。声を上げたら体力が無くなると言われたのもありましたが、とにかく呼吸することに必死で、叫ぶことは無かったです。

A.
ナプキンとおむつで破水対策はバッチリ (小鉄ママさん 31歳)
私の周囲には陣痛より先に破水したという人が多く、布団が水浸しになったとか、外出時に破水して電車のシートも通路も汚れて大惨事だったとか散々聞かされていました。ですから外出時には普通用のナプキンをして、大人用おむつをバッグに入れてました。また、日中家で過ごすときや寝るときには、腰元にベビー布団セットに入っていた防水シーツを敷いていました。

そして予定日の早朝に破水し、防水シーツが見事にキャッチ!病院にタクシーで行くのにも大人用おむつをサッとはいて、涼しい顔でした。高位破水だったため、病院に到着したときには止まっていましたが、先生におむつを見てもらうと「この水量だし血も混ざってるから、間違いなく破水だね」と言われ、そのまま入院となり、昼から陣痛が始まり深夜に無事出産となりました。

A.
陣痛が始まったら何をしてほしいか家族と相談しておく (しょうたろうさん 33歳)
産後すぐに必要な物をまとめておくことはもちろんですが、陣痛が始まったら何をどうしてほしいか、家族としっかり話し合っておいたほうがいいと思います。(持っていってほしい物、誰に連絡する、時間帯やいる場所ごとの交通手段など)

陣痛の痛みに対する対処としては、人それぞれだとは思いますが、私は近くにあった使い古しのタオルをつかんで耐えました…付き添った母は、タオルがあまりにもボロボロだったのでちょっと恥ずかしかったみたいです。