お風呂大好き!すべすべ赤ちゃん

お風呂あがりのケア

保湿ケアと部分のお手入れ方法

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。きめ細かくいろんな部分をチェックして、お手入れしてあげることが大切です。
沐浴後は、お肌が清潔になっているので、スキンケアには絶好のタイミング!保湿ケアと部位ごとのお肌のお手入れ方法をわかりやすくご紹介します。

保湿ケアと部分のお手入れ方法を動画で紹介!

耳のお手入れ

沐浴後は耳あかがやわらかくなっているので、耳のお手入れがしやすい状態になっています。耳の中の水分をふき取るついでに、綿棒を使ってやさしく行いましょう。
耳のお手入れは毎日でなくても大丈夫。汚れが気になったら、でかまいません。
お手入れのしかたとしては、耳の穴の奥まで入れずに、入口の汚れを綿棒の先端で軽く拭き取るだけで十分です。耳の奥の方の耳あかを取ろうとすると、粘膜を傷つけてしまったり、耳あかを逆に奥へ押しやってしまったりすることがあるので、無理に取ろうとしないでおきましょう。
また、耳の裏や耳のくぼみも、忘れずにお手入れしてあげてください。

鼻のお手入れ

鼻掃除をイヤがる赤ちゃんは多いと思いますが、鼻がつまると赤ちゃんも苦しいので、できるだけ毎日行うようにしてあげてください。
しかし耳と同様に、奥の方までむりやり掃除をしようとすると、デリケートな粘膜を傷つけてしまう可能性があるので、見える部分の汚れだけを綿棒で、そっと取ってあげましょう。お手入れをするときは、赤ちゃんを寝かせて片手をしっかり首の下に入れて支えるようにすると、あごが少し上がるような形になるので、鼻掃除がしやすくなります。
どうしても綿棒が怖いという場合には、コットンでこよりを作ってもよいです。
<作り方>
1 コットンを濡らし半分にする。
2 手のひらで赤ちゃんの鼻の穴にあわせたこよりを作る。

おへそのお手入れ

へその緒がとれてからも、おへそが乾燥するまでは、アルコール消毒が必要です。おへそのまわりの皮膚を広げて、内側までていねいに消毒し、消毒後はできるだけ空気に触れさせるようにしましょう。
おへその奥のあかや汚れが気になるときは、沐浴前にベビーオイルを塗った綿棒で、おへそのまわりをそっと拭いておくと、汚れがふやけて洗いやすくなります。

聖母病院 助産師 山本智美さん監修:聖母病院 助産師 山本智美さん
助産婦(助産師)。総合病院・助産婦学校非常勤講師を経て、現在は聖母病院(東京 新宿区)に勤務。いつも妊婦・産婦さんの気持ちを大切に、やさしく、そして時には厳しくコミュニケーションしている。

持田ヘルスケア株式会社