>
>
> 無痛分娩のはずが、まさかの麻酔なしに…
妊婦になっても、プリティでいこう にんプリ
にんプリ会員になって、楽しい妊婦ライフをご一緒に!

無痛分娩のはずが、まさかの麻酔なしに…


私の出産ドキュメント VOL.10


無痛分娩を選択したはずが、出産のその時には麻酔が切れてしまい まさかの麻酔なし分娩になってしまったというスギノミさん。出産日は なんとお母様の誕生日。最高のお誕生日プレゼントになりました。

スギノミさん(にんプリ会員) 2011年10月27日 男児出産


まさかの麻酔なし分娩になってしまったというスギノミさんの妊娠・出産の体験談 私の出産ドキュメント

痛がっているところは見せたくない

10月27日AM2:14なんとなくの下腹痛。もしかして…と思って、時間を測り始める。私の異変を感じたのか、我が家の愛猫、キースがお腹の横に寄り添ってくれた。しばらくすると、痛みは10~15分間隔、1回あたりの痛みは数秒程度に。AM5時頃に、まぁさん(ダンナ)に「もしかしたら、今日産まれるかも。」と伝えて、AM7時すぎに病院に電話。入院準備品を持って、いざ病院へ!病院に到着後、計器をつけて様子を見る。まだ規則的な陣痛ではなかったので、一度自宅に帰るかどうか聞かれたけれど、とりあえず、そのまま入院することに。まぁさん(ダンナ)は、会社に行ける格好をしつつ、始業時間直前の会社に電話。お休みを取ってくれた。AM10時半頃から5分間隔、1回あたり30秒程度の本格的な陣痛に…。痛がっているところを見せたくなかったので、このタイミングでまぁさん(ダンナ)には一度家に戻って、着替えてゆっくり来てもらうことにした。

出産前15日 私の出産ドキュメント

出産前15日。まぁさん出勤前の約2分間であせって妊婦写真撮影会。

安定期に入ったので伊豆に家族旅行 私の出産ドキュメント

妊娠6カ月の終わり
安定期に入ったので伊豆に家族旅行

このまま行きましょう、の言葉に絶句!

PM1時半に約5センチまで子宮口が開いたので、陣痛室に移り、無痛分娩のための処置をしてもらい、まもなく前置破水。麻酔が入ると、ホントに痛みが無くて幸せ~。無痛分娩は陣痛の痛みが伴わないので、お産の進みが悪くなると聞いて意識して呼吸をした。「なんとしても今日産みたい。ママの誕生日だし。」PM3時すぎ、ようやく子宮口が全開に!けれど、まだ赤ちゃんの頭が下がってきてないのでこのまま陣痛室で頑張るよう助産師さんに言われた。が、このタイミングで麻酔が切れてきて痛みが出てきた…。そのことを伝えると、「麻酔を足すことは出来るけど、足すと感覚が鈍くなって、お産が止まってしまうかもしれないのでこのまま行きましょう」と、言われてしまい「えっ…」絶句する私。

初めてわが子を抱いて嬉しくてうれしくて 私の出産ドキュメント

初めてわが子を抱いて嬉しくてうれしくて

麻酔が切れてからの、長い2時間

結局、無痛分娩の予定だったのに、無痛だった時間はほんの1時間半、子宮口が5センチから全開になるまでの間だけ(涙)一番痛いタイミングで麻酔が切れるなんて…。そこからは、麻酔もさめて、一気に痛みが襲ってきた。この日は、新月だったせいか、出産が多く、さらに緊急の帝王切開の方が二人もいて助産師さんも先生も手が回らないのか、ほぼ放置状態。助産師さんが来てくれると、呼吸のタイミングをちゃんとサポートしてくれるからちょっと楽になるのに、自分ひとりだったため、半分パニック…。そんな状態が約2時間続き、やっと分娩室へ。分娩室では、助産師さんと先生の指示に従いながら呼吸をあわせていきんで…。最初はなかなか上手くいかず、「もう誰かどうにかしてっ!」って感じ。でも、自分にしかお産はできないし、ゆうくん(お腹の中の赤ちゃんをずっとそう呼んでいました)も頑張ってるし、あと少しだし…。

まだ見えてない目で一生懸命ママを見つめてくれてる 私の出産ドキュメント

まだ見えてない目で一生懸命ママを見つめてくれてる

3日目から同室 私の出産ドキュメント

3日目から同室。目の前ですやすや眠る姿がかわいい。

ママの75歳の誕生日にビッグプレゼント♪

お尻の辺に大きい何かがひっかかってる…。頭にも血が上っててか ぼーっとする。息するのが精一杯…。そんな状況を見かねて、先生が一言、「会陰を切りましょう」と。切りたくなかったからケアしていたのに…。でももう、ここまで来たら任せるしかない。(実際は、麻酔も切るのも全然痛くなかった。)切ってまもなく…赤ちゃんの泣き声と「おめでとうございます。」の声。産まれたぁ…。3645g。今時にしては珍しいほどの大きさ。分娩台の上で赤ちゃんを抱っこ。さっきまでの痛みやパニックは忘れて何ともいえない感情がわいてきた。

授乳室でママ2日目 私の出産ドキュメント

授乳室でママ2日目

今まで見たことないくらい優しい顔のまぁさん

まもなくまぁさん(ダンナ)が分娩室にきてくれて、ゆうくんを抱っこ。大事そうに壊れ物を扱うようにそっと抱っこ。今まで見たことのないお父さんとしての優しい顔。本当に幸せ。17時25分に出産後、その場でちょっとした検査と2時間の安静だった。頭がぼーっとしてて、あっという間に時間がすぎてく。出血がちょっと多かったから、貧血をおこしてるとのこと。朝から何も飲んでないから、のどが渇いて、お腹が減った。部屋に戻ってしばらくしたら、やっとご飯。エビフライ、おいしかった~☆夜、寝る前にママに電話。75歳の誕生日にビッグプレゼントと、本当に喜んでくれた。


ゆうくんを抱っこするまぁさん 私の出産ドキュメント

ゆうくんを抱っこするまぁさん

私の出産ドキュメント一覧はこちら
powerd by babycome