ベビカムトップ
>
にんプリ
>
私の出産ドキュメント
> 前駆陣痛と言われ、ひたすら耐えた1日

妊婦になっても、プリティでいこう にんプリ

にんプリ会員になって、楽しい妊婦ライフをご一緒に!

前駆陣痛と言われ、ひたすら耐えた1日


私の出産ドキュメント VOL.7


看護師さんの「前駆陣痛」という言葉を信じて、痛みが始まった外出先からバスに乗って、自力で帰宅。自宅で出産ギリギリまで痛さに耐えていたというヒラリ~7さん。ハプニング満載の出産当日の体験談です。

ヒラリ~7さん(にんプリ会員) 2012年5月31日 第1子を出産


自宅で出産ギリギリまで痛さに耐えていたというヒラリ~7さんの妊娠・出産の体験談 私の出産ドキュメント

「それ、前駆陣痛だね~」と言われて・・・

なんだか生理痛のような痛みが続く…&検診の時期なので、産院へ行きました。内診を受けると「3cm子宮口が開いているから、2~3日後の出産だね。」と先生。その後、赤ちゃんの心音を計っている時に、ぐ~んと痛みが増してきたので、それを看護師さんに伝えると、「前駆陣痛だね~、1週間以内には産まれるね」との返事。「お父さんがお休みの日に産まれてきてね~。」とお腹の子にお願いしました。診察後は、産院から歩いて15分程のところにある前職の職場へ必要な書類をとりにテクテク。事務室でも「う~いたたた。」というような前駆陣痛がきていたので、ひと休みしてから、バスに乗って市役所へ。時折立ち止まらないと耐えられないような痛みが…。これも前駆陣痛なのだと思い、歩いては止まり、歩いては止まり…。途中でおばあさんから声をかけられ、痛みの中、世間話。延々続いたおばあさんとの世間話が終わり、用事を済ませた頃には、もはや10メートルも歩けない痛み。これも、前駆陣痛なのかとひたすら耐えました。痛みが収まってからバスに乗ろうと思い、カフェに入ったのに、若い女の子に席を横取りされ、2階席はタバコの煙充満で座れず。仕方ないので、意を決してバスに乗り、バス停から2分ほどの我が家までの距離を休み休み、ようやく家にたどり着くことができました。

大きくなったお腹と一緒にパチリ 私の出産ドキュメント

検診に通っていた先生のオフィスビルの前で

まさかの出血!!流産??流産???

帰宅後は、旦那に腰をさすってもらうこと約1時間。痛みの間隔は10分間だし、痛みも強いし、でも前駆陣痛って言われたし、出産は2~3日後だし。・・・・・耐えるしかな い。と四つん這いになって痛みに耐えていました。そういえば、生理痛の時にお風呂に入ると痛みが緩和することを思い出 し、旦那にお風呂を沸かしてもらい、入浴。うん、なんだか痛みがおさまってきたきた、よかった~。と思ったのもの束の間…。40分後、突然、「いてぇぇぇぇ!腰が割れそう!」という痛みが襲ってきたのです!お風呂で「う~~~~ぅぅ」とうなっていると、旦那が「大丈夫!?」と浴室に飛び込んできて、産院に電話してくれました。それと同時にタクシーも手配。私は痛くて痛くてお風呂からも上がれず、なんとか這い出したものの動けず床にうずくまっていると、どろんとした血液の塊が!!!ひぃぃぃぃぃい!!流産??流産???とパニックに。旦那に体を拭いてもらい、タクシーへ・・・と思ったら、待たせすぎて引き返してしまったそうで(お~い!!)もう一回呼ぶことに。もう、汗がダラダラ流れ、歩くのもふらふら、目も開けていられない。タクシーの運転手が「気分が悪くなったら言ってね~車とめるから。」って、気分が悪いどころじゃないし!腰骨くだけそうだし!!こんなところで停められたら困るし!!!妊婦って知ってるんだから、10分くらい引き返さないで待っててよ!と心の中で突っ込みまくり。その間も旦那は甲斐甲斐しく、汗を拭いたり腰をさすったり…。「もうすぐだからね、頑張って。いきまないよ。」と応援してくれました。

元気な赤ちゃんでホッとしました 私の出産ドキュメント

元気な赤ちゃんでホッとしました!

理想は静かなお産。実際は・・・・

病院に着くと、転がるようにして陣痛室へ。内診してもらうと、もう7~8cm子宮口が開いているとのこと。顔なじみの助産師さんに「家で頑張ったんだね!」とほめられ、「いや・・・ずっと前駆陣痛だと思ってました。」と言いたかったけど、痛くて言葉にできず。「はい~ぅぅぅ」と身をかがめていました。陣痛室では若い助産師さんが着替えを手伝ってくれたり、「大丈夫だよ~」と声をかけてくれたり、バランスボールを貸してくれたり、温かいタオルで腰をあたためてくれたり…。旦那も陣痛の度に渾身の力で腰をさすってくれて、いきみ逃しを手伝ってくれました。理想は「ふぅ~~、赤ちゃんも頑張っているんだから、私も頑張らなくちゃ!ふぅ~~」という静かなお産だったのですが。実際は、助産師さんの肩に抱きつき、バランスボールに乗って、轟くような大声で「フ~~~ウン!フ~~~ウン!」といきみ逃しをしていました。途中で違う助産師さんが入ってきて(この方はスパルタのようで)「はい、声上げない!落ち着く!」と、てきぱき言われましたが、「無理!!」と心の中で反抗(笑)。下腹部から、何やら大きな塊が出てきそうな感じを受けると同時に、腰が痛みでしびれ、全身はブルブル震え始め、汗はダラダラ…。周りを気にする余裕はゼロに。マイク全開の選挙運動のように「ありがとうございます!フ~~~ウン!!」と助産師さんにお礼を言いながらの陣痛でした。長い時間痛みを我慢していたおかげか、病院についてからは3時間程度で分娩、10分もかからず出産でした。赤ちゃんがツルンと出てきてくれたので、こちらはちょっと冷静に。待望の赤ちゃんを見た時は「ふわぁぁぁぁ!出てきたぁぁぁぁ!」と涙。無事に産めた安心と喜びとでジィィィンとしました。


最近はとうもろこしがお気に入りです 私の出産ドキュメント

最近はとうもろこしがお気に入りです♪

私の出産ドキュメント一覧はこちら
powerd by babycome