ベビカムニュースベビカムニュース

検索
ベビカムトップ
>
ニュース
> 突然足にしびれが!痛みをこらえながら帰宅…【妊娠7ヶ月の体験談】

突然足にしびれが!痛みをこらえながら帰宅…【妊娠7ヶ月の体験談】

妊娠中はからだの中で大きな変化が起きているため、ちょっとした不調が起こりやすい時期でもあります。特に腰に大きな負担がかかるため、腰から下のトラブルを経験する妊婦さんは少なくありません。今回は突然足にしびれと痛みを感じたプレママの体験談を紹介します。

2019-06-11更新

足をさする女性

仕事中、左足にしびれ。立ち上がった途端に激痛が!

妊娠中、いつも通り仕事をしていたら、夕方頃に突然足にしびれを感じました。座りの仕事だったので、特に危機感を感じる事はなく、何だろうという違和感程度だったのですが、帰る時に椅子から立ち上がると、左足を地面に付けるだけでとんでもない痛みとしびれを足全体に感じ、とても普通に歩ける状態ではありませんでした。

会社から自宅までは電車と徒歩で1時間半以上かかるし、主人も遠い仕事場なのでとても迎えには来てもらえません。泣く泣く、痛みをこらえながら、ゆっくりゆっくり歩いて駅に向かい、電車でも座ったり立ったりすることが困難だったので、ずっと立ちっぱなしで左足を宙に浮かせた状態で過ごしました。

夫は帰りが遅く頼れないので、帰宅してからも通常の家事を何とかこなし、眠りにつき、翌朝からは徐々にしびれは引いてきました。ネットで調べた限りでは、おなかの重さに影響された坐骨神経痛だったのではないかと思います。
(大阪府/yu-/32歳)
#妊娠7ヶ月 #26週 #妊娠中のマイナートラブル

*********************************

坐骨神経痛は、片側の腰からおしり、もものうしろ側、ふくらはぎ、ときにはくるぶしにまで痛みが走る神経痛です。痛みのほか、下肢にしびれや、触っても感覚がないなどの症状を伴うことがあります。

妊婦さんに起こりやすいトラブルで、おなかが大きくなって姿勢が変化したことで、腰に負担がかかったり、 ホルモンのために関節や靭帯が緩んだところをサポートしようと、筋肉が緊張した状態になってしまったりすることが原因です。日常生活で正しい姿勢をとるように意識して、骨盤や背骨の負担を軽くしてあげると良いでしょう。

また、体験談の方は症状から坐骨神経痛と自分で判断したようですが、その後悪化したり、もしかしたら違う病気だったり、という可能性もあります。歩くのが辛いくらい痛みがあるのなら、かかりつけの産婦人科で相談したり、妊娠していることを告げた上で整形外科を受診することをオススメします。

ベビカムでは、みなさんからの妊娠体験談を定期的に更新しています。

合わせて読みたい
■ベビカム 妊娠・出産
そのほかの妊娠7ヶ月の体験談を読む
■ベビカム相談室
Q.坐骨神経痛?ツライです!
powerd by babycome