東日本大震災特集
お気に入り!

放射能関連

東日本大震災で被害を受けた福島第1、第2原発に関連する情報を紹介しています。

放射線安全管理学会が外干し洗濯物の安全性を確認

日本放射線安全管理学会の調べによると、年間の積算放射線量が1ミリシーベルトを超える地域で、屋外に干した洗濯物を身につけ…
続きを読む>>

南相馬市が妊婦さんに線量計を無償貸与

福島県南相馬市では、11月9日から、放射線量を測定する腕時計型のガイガーカウンターを、市内の妊婦さんに1年間無償で貸し…
続きを読む>>

被災地の子どもに「虫歯」が増えている

NHKの「生活情報ブログ」によると、被災地の岩手県で、子どもの虫歯が増えているそうです。被災後に再開した釜石市のある歯…
続きを読む>>

スギ花粉のセシウム調査を開始

来春の花粉シーズンに備えて、林野庁は11月から、東京電力福島第1原子力発電所に近い福島県浜通りのスギ林を中心に、スギ花…
続きを読む>>

南相馬市の小中学校で授業一部再開

原発事故で指定された「緊急時避難準備区域」が先月、解除されたことを受けて、福島県南相馬市で、17日から小中学校の一部が…
続きを読む>>

年1ミリシーベルト以上を除染区域に。国の新除染方針案まとまる

環境省は10日、東京電力福島第1原子力発電所事故で飛散した放射性物質の処理について、有識者による合同検討会の初会合を開…
続きを読む>>

放射線審議会が被ばく線量緩和を提言

福島第1原発事故を受けて、今後の被ばく線量基準のあり方を検討している国の放射線審議会の基本部会が、5日、平常時の一般住…
続きを読む>>

福島県の全小学校でリアルタイム線量計を設置

福島県内のすべての小学校で、放射線量を24時間自動計測し、ほぼ時間差なしで誰もがインターネットで結果を見られる測定シス…
続きを読む>>

中間貯蔵施設を東京など8都県に 環境省が要請

環境省の南川秀樹事務次官は28日、記者会見の中で、東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性物質を含む土壌や下水汚泥、焼…
続きを読む>>

除染基準、年間5ミリシーベルト以上の地域を対象に

環境省は27日、国の責任で実施する放射能物質の除染について、原則として、年間の被ばく線量が5ミリシーベルト以上(毎時換…
続きを読む>>

原子力研究機構が伊達市と南相馬市で除染開始

日本原子力研究開発機構は、福島県伊達市と南相馬市で放射性物質に汚染された地域の除染実証試験を月内にも始めることになりま…
続きを読む>>

放射能の除染対象は「福島県全体の7分の1」と専門家が試算

東京電力福島第一原発事故に伴い、放射性物質の除染対象になる可能性のある地域が、最大で福島県全体の7分の1に当たる約2,…
続きを読む>>

東電、賠償の算定基準を発表。支払いは10月から

東京電力は30日、福島第1原子力発電所事故の賠償について、新たな算定基準や支払日程を発表しました。政府の指示で避難した…
続きを読む>>

文科省が原発100キロ圏内のセシウム汚染土壌マップを発表

東京電力福島第一原発から半径100キロ圏内の土壌の汚染度を調べた初の地図を、29日、文部科学省が発表しました。 この…
続きを読む>>

学校の放射線量の基準20ミリシーベルトを撤回

学校での屋外の活動を制限する放射線量の目安について、文部科学省はこれまで示してきた年間の積算で20ミリシーベルト未満と…
続きを読む>>

福島市教育委員会が、放射線で通学路見直しを要請

2011年7月、福島市のすべての小中学校が通学路の放射線量を調べたところ、80%の学校で、1時間当たり1マイクロシーベ…
続きを読む>>

文部科学省が、通学路などの放射線量を示す地図を公表しました

2011年8月16日、文部科学省は、福島第1原発事故による「緊急時避難準備区域」にあたる南相馬市、田村市、川内村、広野…
続きを読む>>

放射能被ばくのリスクとは? 国立がん研究センター理事長の提言

6月22日、国立がん研究センターにおいて、「放射線被ばくについての公開討論会 〜安全に暮らすためのエビデンスと対策〜」…
続きを読む>>

内部被ばくに考慮した対応を。がんセンター病院長の公開討論

放射線治療に38年以上携わり、3万人以上と日本で最も多くの患者を看てきたとされる臨床医である、国立病院機構北海道がんセ…
続きを読む>>

広島県、福島被災者240人の内部被ばく検査を全額補助

広島県は8月9日、東日本大震災と福島第1原発事故で福島県から避難してきた約240人を対象に、内部被ばく線量を図る検査費…
続きを読む>>

福島県内のお子さん・妊婦さんのいる世帯に助成を実施

東日本大震災復興支援財団(発起人:孫正義氏ほか)では、福島県の大学生以下のお子さんまたは妊娠中の方がいる世帯が、できる…
続きを読む>>

汚染牛肉がネットで検索可能に

放射性物質を含んだ稲わらを与えられた疑いのある牛の肉が出荷された問題を受けて、農林水産省は7月29日、店頭で購入した牛…
続きを読む>>

全国の放射線量を情報を提供するサイトが公開されました

8月5日、Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、定点計測した全国の放射線量情報を提供する「放射線情報(ベータ版)…
続きを読む>>

環境省に「原子力安全庁」を設置する試案がまとまりました

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けた原子力行政に関する組織の再編について、原子力安全・保安院を経済産業省…
続きを読む>>

YouTubeほかで大反響を呼んだ児玉氏の冒頭意見陳述

7月27日に衆議院・厚生労働委員会で行われた「放射線の健康への影響」に、参考人として招致された児玉龍彦氏 (東京大学先…
続きを読む>>

セシウム汚染で、稲わら利用状況調査を全国に拡大

福島県などの農家が肉牛に与えていた稲わらから、高濃度の放射性セシウムが相次いで検出され流通していた問題で、農林水産省で…
続きを読む>>

放射線から胎児を守るために、妊娠中に気をつけておきたいこと

ベビカムでは、ドクターQ&Aでおなじみの 元愛育病院院長・産婦人科医、堀口貞夫先生にご協力いただき、 小さいお子さんを…
続きを読む>>

母乳中の放射線物質濃度等に関する専門家の見解

2011年6月8日、日本医学放射線学会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会ほかの専門学会より、「母乳中の放射性物質濃…
続きを読む>>

文科省が、地上1メートルで測定した放射線量の公表を開始

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、文部科学省は、空気中の放射線量の測定を全国一律に地上1メートルの高さで行うことを…
続きを読む>>

福島の学校、放射線量を年1ミリシーベルト以下に設定

文部科学省は27日、福島県内の学校に通う子どもが受ける放射線量を「年間1ミリシーベルト以下」にすることを目指して、低減…
続きを読む>>

福島のママたちが放射線量基準値の見直しを求め文科省に抗議

2011年5月23日、福島から来たお子さんを持つ100人以上の保護者の方々とその支援者が文部科学省を訪れ、学校の校舎や…
続きを読む>>

日本産婦人科医会より放射能汚染に関する資料が提出されました

2011年4月27日、日本産婦人科医会 研修委員会より「放射能汚染に関する基礎知識と現実的対応」の改訂版が出されました…
続きを読む>>

東大病院放射線治療チーム「放射能はうつるのか?」ブログ掲載

東大病院で放射線治療を担当する専門チームによるブログ記事から抜粋してご紹介します。 通称「チーム中川」は医師、原子力…
続きを読む>>

放射能関連Q&Aがリリースされました

日本産科婦人科学会より、放射性物質汚染が長期化する状況を想定して、「大気や飲食物の軽度放射性物質汚染について心配してお…
続きを読む>>

東京都「水道水の放射能に関するQ&A」公表

東京都より、3月29日(火)付で、「水道水の放射能に関するQ&A」が公表されました。妊婦さんや乳児のいるママに読んでい…
続きを読む>>

福島県南相馬市での乳児の水道水摂取制限を解除

厚生労働省は30日、水道水から暫定規制値を超える放射性物質が検出され、乳児の摂取を制限していた福島県南相馬市が制限を解…
続きを読む>>

茨城県、千葉県で乳児の水道水摂取制限解除

2011年3月30日追記 栃木県でも乳児の摂取が制限されていましたが、栃木県でも27日に摂取制限が解除されています。…
続きを読む>>

茨城県、栃木県でも乳児の摂取基準を超える放射性ヨウ素検出

茨城県と栃木県では、一部の市町村の水道水で、乳児の摂取基準を超える放射性ヨウ素が検出されたとして、乳児に水道水を摂取さ…
続きを読む>>

妊婦さん・授乳中のママへ、日本産科婦人科学会から重要なお知らせ

平成23 年3月16日、日本産婦人科学会より「福島原発事故による放射線被曝について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内(特に母乳とヨウ化カリウムについて)」が広報されました。
続きを読む>>