>
> 妊娠中の歯周病について

妊娠中の歯周病について

ハグキの炎症なんて大したことはないわ!なんて思っていたら、大まちがい!おなかの赤ちゃんに、大きな影響を及ぼすのです。ここでは歯周病の驚きの実態を、お話ししましょう。

歯周病とは

歯肉をはじめとする“歯を支える歯周組織に障害がある”状態を、歯周病といいます。歯周病は細菌によって感染し、進んでいくものです。ヒトからヒトへうつっていくものですから、生活習慣に十分注意する必要があります。

歯肉が赤くなったり、腫れたりすることがあったら、歯周病かな?と疑ってもいいでしょう。さらにこの症状が進んでいくと、歯肉溝が深くなっていくことがあります。この溝のことを一般的に“歯周ポケット”と呼んでいますが、これはみなさんも聞いたことがあるでしょう。歯周ポケットは歯周病が進んでいくと、溝がどんどん深まっていきます。ときには出血や口臭などの症状があらわれることもあります。さらに悪くなると歯がぐらついたり、抜けたりすることもあるのです。

歯周病の驚くべき調査結果

歯周病になると、低体重児が生まれやすい?

赤ちゃんが十分成長していないにもかかわらず、出産にいたってしまう“早期出生低体重児”。1996年の米国の調査※により、歯周病と低体重児の関係について興味深い研究結果が発表されました。妊婦や出産後のママ124人を集めて歯科検診を行ったところ、歯周病で歯列の60%以上の歯周組織が壊れていると、早産の危険性がずいぶん高くなるというのです。なんと早産で低体重児が生まれる危険率は通常の6倍、初産であれば通常の約7倍にもなるとのこと。早産になる原因は喫煙や飲酒によっても高くなるといわれていますが、そのなかでも歯周病が圧倒的に高いというわけです。ただ、歯周病になるとなぜ早産になるのかということについては、完全にわかっておりません。

※1996年 offenbacher論文による。

歯周病を起こす菌のなかには、女性ホルモンを栄養とする細菌も

つわりによる食生活の乱れや、不十分な歯みがきは、歯周病をひき起こす原因になります。歯周病菌がママの口内で繁殖すると、血液を通して全身にまわり、ひいてはそれが低体重児を生む原因になっているわけです。歯周病を起こす細菌のなかには、女性ホルモンを栄養としている細菌もいるという事実もあります。それで海外では、“歯周病をなおせば早産を防げる”ということを妊婦に直接伝えているようです。

つわりがひどくて、歯みがきができない場合

つわりは個人差があるものです。入浴中やテレビを見ているときなど、こころもからだもゆっくりできるときであれば、歯みがきができる場合があります。まずは、ブラッシングする時間帯を変えてみてはいかがでしょう。また歯ブラシや歯みがき剤によっても、抵抗なくできる場合があります。ヘッドの小さい歯ブラシや、刺激の少ない歯みがき剤を使うのもひとつの方法です。

つわりがひどく歯ブラシさえも口にできない場合は、殺菌効果のあるうがい薬を代用したり、デンタルフロス(糸ようじ)で歯間清掃をすることで回避できます。工夫してみましょう。

powerd by babycome