>
> 出産後の歯周病について

出産後の歯周病について

赤ちゃんが生まれてからも、ママの歯周病は影響をもたらすようです。歯の状態が悪いと、子どもまで悪くなってしまう…それはとっても怖いこと!まずはその恐るべき実態について、お話しします。

赤ちゃんの感染経路について

歯周病はどのようにうつっていくの?

歯が生えていない赤ちゃんの口のなかにも、歯周病菌がいることがあります。パパやママなど、赤ちゃんの周囲にいる大人が歯周病菌をもっていれば、何らかのかたちでうつることもあるわけです。しかし歯周病菌がいるからといって、必ずしも歯周病になるわけではありません。ストレスや体調不良など、何らかの原因で菌が異常発生したり、毒素を出しはじめた場合に、歯周病になってしまうこともあるわけです。

歯の表面には、虫歯菌をはじめとするさまざまな菌がいます。それらの菌を足がかりに、歯周病菌は増えていくのです。歯周病菌は歯の表面に密着する虫歯菌と違って、歯やハグキのまわりをふわふわと浮遊しているもの。場合によっては、うがいでもとれる場合があるほど、浮遊している歯周病菌はとれやすいのです。ただ、歯の近くにいる歯周病菌は違います。殺菌するのはとても難しいのです。というのも、歯周病菌は酸素を嫌がるという特性を持っており、歯周ポケットの奥へ奥へと入っていくことが多いからです。

歯周病菌の毒素が与える影響

奥へ奥へと入った歯周病菌は、血液を通して全身にまわっていきます。最近の調査では、糖尿病、心臓血管病、肺炎、骨粗しょう症、腎炎などにつながっているということもわかりました。あなたがもっている歯周病菌が、“あなた”のそして“お子さん”の病気を発症させないとも限りません。しっかりとオーラルケアをしておきたいですね。

powerd by babycome