>
>
> 妊娠&授乳中のコーヒー

妊娠&授乳中のコーヒー

赤ちゃんのイライラの原因はママが飲んだコーヒー?

カフェインの効用としては、眠気や疲労を軽減させたり、利尿作用などが知られていますが、自律神経の働きや運動機能を高めたり、集中力をアップさせる働きもあります。しかし、ママが大量にカフェインを摂っていると、血液を通じておなかの赤ちゃんにも移行します。胎児はカフェインを排泄する機能が未熟なので、そのまま体内に蓄積されてしまい、生まれてから落ち着きがなかったり、不眠症などの症状が出ることも。

また、カフェイン飲料に含まれているタンニンには、体内への鉄分の吸収を妨げる作用があるため貧血になりやすい妊娠中や授乳期中の過剰摂取は気をつけてくださいね。

コーヒーには意外な効能があるんです

煎れたてのコーヒーの香りにほっと気分が癒されることはありませんか? コーヒーの香りには緊張を和らげる作用があります。香りを嗅ぐと人がリラックスしたときに感じるアルファ波が出るという、科学的な調査報告もあります。

コーヒーや紅茶、お茶、ココアなどに含まれるカフェイン。コーヒーは大好きだけど「おなかの赤ちゃんへの影響が心配!」といって妊娠中はガマンしている方も多いようですが、適度な量(1日に1〜2杯)を楽しむ分にはストレスも緩和され、むしろおすすめです。

栄養と食生活お役立ち情報

powerd by babycome