2歳9ヶ月のベビーとの生活 2歳9ヶ月

赤ちゃんの食事 生後2歳9ヶ月 ベビーとの生活

「朝食」をみなおしましょう

朝食は、一日の始まり。一日の栄養補給の大事なスタートになります。パパは出勤の前にきちんと朝食を摂っているでしょうか? 学校へ行くようになっても、朝食をきちんと摂らない子どもが多く、「きれやすく」なったり、体の不調を訴えるケースが増えたりして問題になっています。朝食を食べないと、少なくとも前日の夕食から15〜16時間絶食状態となるわけで、脳の働きも鈍くなり、イライラの原因にもなります。無気力や、頭が重い、疲れやすいなど、精神的、肉体的な能率の低下も招きます。早寝早起きの習慣とともに、きちんと朝食を摂る習慣をつけることで一日のリズムを整えるようにしたいもの。ママは子どもの顔色や動きを見て、からだやこころの変化に気づくことも多いでしょう。朝食は3食の中で、いちばん家族がそろいやすい食事でもあります。忙しいパパもママも、休日の朝食は、そろって外食、というのもひとつのアイディアかもしれませんね。


ベビー用品 生後2歳9ヶ月 ベビーとの生活

粘土やクレヨンで造形あそび

この頃になると、指先も器用になってきて、クレヨンで簡単な線を描いたり(というより、殴りがきですが)、粘土をこねて遊んだりすることもできるようになります。クレヨンは、力をいれて描いても折れにくいブロックタイプのものや、なめたり口に入れてしまっても安全な蜜蝋クレヨンなどが最初はおすすめです。基本色が最低限セットになった6色入りなどが一般的ですが、色数の豊富なもの、中間色やパステルカラーのはいった24色入りなどを最初から与えて自由に絵や線を描かせてみると、子どもの思いがけない感性に出会えることも。


赤ちゃんと歌う歌 生後2歳9ヶ月 ベビーとの生活

ずいずいずっころばし

日本の古い童謡には、不思議な歌詞のものが数多くあります。この歌は、歌詞の意味がよくわからないことから、「かごめかごめ」や「とおりゃんせ」と並んで、歌詞の研究がさかんにされている歌。調べてみると面白いですよ。

ずいずいずっころばし ゴマ味噌ずい
茶壺に追われて トッピンシャン 抜けたらドンドコショ
俵のネズミが 米くってチュウ チュウチュウチュウ
お父さんが呼んでも お母さんが呼んでも 行きっこなあしよ
井戸のまわりで お茶碗欠いたのだあれ

ずいずいずっころばし・・・ お茶碗欠いたのだあれ
ずいずいずっころばし・・・ ずいずいずっころばしの歌詞 お茶碗欠いたのだあれ ずいずいずっころばしの歌詞
powerd by babycome