2歳2ヶ月の子どもの成長 2歳2ヶ月

2歳前後から3歳までの間に、いちばん奥の歯が生え、これで全部で20本の乳歯が生えそろいます。歯みがきの習慣がますます重要です。 生後2歳2ヶ月 子どもの成長

歯が20本生えそろう頃

2歳前後から3歳までの間に、いちばん奥の歯が生え、これで全部で20本の乳歯が生えそろいます。 歯みがきの習慣がますます重要ですね。子どもの「ジブンデ」を尊重し、自分で磨かせたとしても、最後は必ず大人が仕上げ磨きをしましょう。 この仕上げ磨きは、子どもが小学校に上がる頃くらいまで必要です。2歳半くらいまでに1割の子どもが虫歯になるとも言われています。 永久歯の生え方にも影響する大事な乳歯です。 この時期の子どもの虫歯は100%親の責任です。子どもが虫歯になると、その治療は、何人もで子どもを押さえつけて歯を削ったりする大変なものです。十分に予防を心がけましょう。 食事の内容は、大人とほぼ同じものを食べられるようになり、こぼさずにスプーンが使えるようになってきます。

「ダメ!」「チガウ!」

自分のしたいようにことが進まないと、かんしゃくを起こします。 「ダメ!」「チガウ!」というような否定語が多くなってきます。 ときには地団駄を踏んで怒り泣くことも。ママは理由がわからず途方に暮れることもあるでしょうが、子どもの気持ちを汲み取る努力をしましょう。 「〜なのね」「これがいやだったのね」と察して、子どもの、伝えたいけれど言葉にできない気持ちを代弁してあげて。 結局ママには理由がわからなかったとしても、わかろうと努力してくれている大人がいることである程度気持ちが満足します。 このとき、「どうしたの?」「何がイヤなの!?」と問い詰めることは避けて。それが言いたいのにわからない、言えない子どものもどかしさを、さらに追い詰めることになります。

「これなあに?」

2歳頃から増える言葉が、「これなあに?」です。最初は丁寧に答えていたママも、時にはいい加減面倒くさくなることもあるでしょう。 散歩中、大人は自分の生活に関わりがないものは見落としていますが、子どもにとっては、全部知りたくてたまらないものばかり。 あちこちに設置されているエアコンの室外機なんかにも目を留めます。 「あれなあに?」と聞かれるママは困るでしょうが、「エアコンっていうもので、部屋の中に暖かい空気や冷たい空気を送るためにね…、」などと、いつも正確な説明をしなくてもいいのです。 「扇風機が閉まってあるハコだよ」でも、「ネコが上で寝るためのベッドだよ」でも、何かしら答えてあげればいいのです。 子どもは「これなあに?」と言うと、ママが必ず何かを言ってくれるという会話を楽しんでいるのかもしれませんね。

2歳2ヶ月の成長記録の投稿

powerd by babycome