寝られない 産後のストレス・マタニティブルー・産後うつ

とにかく寝られない!

とにかく寝られない!

出産した日から始まる、ゆっくりと寝られない日々。続けて寝られるのは1〜2時間ということも多いでしょう。

「出産後は寝不足になると聞いていたけれど、毎日こんなに寝られないとは思わなかった」と、実際とイメージとのギャップに驚くママが多いです。こうした睡眠不足や、はじめての育児への緊張感もあり、精神的な不調を感じるママも多いようです。

からだと心を少しでも休めて

とにかく寝られない!

まずは、できるだけからだを休めること。少しの時間でも横になったり、母乳なら、夜中の授乳は「添い乳」スタイルにして、寝ながらあげられるようにすると楽になります。赤ちゃんが眠ったら、次の授乳まで一緒に眠るのも睡眠不足の解消になります。

また、メンタルの不調を感じても、「一時的なホルモンバランスのくずれのせいかも」と少し客観的になることが大切です。多くのママたちも同じ悩みを抱えていることを知り、気楽に構えましょう。

家族や友人に相談しにくい、というときには、各自治体で設けている電話相談サービスや、地域の保健師さんに気軽に相談することをおすすめします。

先輩ママの声・体験談

困ったこと

困ったこと

  • ■こんなに眠れないとは思っていなかった。赤ちゃんとはよく眠るものというイメージがあったのに、全然寝てくれなかった(愛知県 37 歳)

  • ■赤ちゃんがずっと泣いていて、思った以上に睡眠が取れなかった。赤ちゃんは泣いているのがかわいいと思っていたが、実際育児をしてみると睡眠不足でフラフラの状態がずっと続き、精神的におかしくなりそうだった(岡山県 32 歳)

  • ■寝不足で赤ちゃんに泣かれると、こっちが泣きそう(岐阜県 31 歳)

  • ■子どもの夜泣きがひどく、全然寝なかった。主人の夜勤の日は一人でつらかった。ベッドマットの上に、きつくはないが子どもを投げたことがあり今でも後悔している(東京都 28 歳)

  • ■どんなに眠くても泣いたら起きなきゃいけないし、慣れるまではどうしたら泣きやむのかもわからず…。もっと笑顔いっぱいの毎日になると思っていたのに、寝不足でずっとヒドイ顔だった(埼玉県 29 歳)

これで助かった! 対処法

  • ■地域の保健師の家庭訪問で、いろいろと相談でき精神的に少し楽になった(神奈川県 30 歳)

  • ■保健所の育児相談会で、育児の相談から自分の健康管理まで本当に細かく相談に乗ってもらえてほっとした(東京都 37 歳)

powerd by babycome