マタニティブルーと産後うつ 産後のストレス・マタニティブルー・産後うつ

マタニティブルー

赤ちゃんが泣きやまない!

出産の直後から数日後(特に産後3日目)に、気持ちが沈んでブルーな気分になり、情緒不安定になることを「マタニティブルー」といい、多くの人が経験していると報告されています。

□ 落ち着かない
□ 気分が変わりやすくなる
□ イライラする
□ 急に不安になる
□ わけもなく悲しくなる
□ 涙もろくなる
□ 怒りっぽくなる

マタニティブルーは、出産による疲れと、出産後の胎盤の排出や、性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌が低下するなどの「産後の急激なホルモンの変化」が原因で、通常は2〜3週間以内で治まるものです。

マタニティブルーになる・ならないに個人差があるのは、ホルモンの変動に対する感受性が人によって異なるからです。このことから、PMS(月経前症候群)の症状が重い人はマタニティブルーになりやすいと考えられます。

マタニティブルーは産後3日目頃に最も起こりやすく、産後1年間はいつでもなる可能性があり、さらに初産より第二子出産時のほうがなりやすいといわれています。

また、母親がマタニティブルーにならなくても、父親がなることもあります。女性のマタニティブルー・産後うつは全体の30%といわれていますが、男性の場合も10%ほど報告されています。

産後うつ

出産から1〜2ヶ月後にかかりやすいのが、「産後うつ」です。
専門家によると、出産後に「産後うつ」になる人は10%程度ということですが、産後うつに至らずとも、メンタル面で何らかの不調を感じたという方は、ベビカムの調査で8割にのぼりました。

赤ちゃんが泣きやまない!

特に不調を感じた時期を見てみると(左のグラフ)、産後1ヶ月前後という方がもっとも多く、4ヶ月を過ぎると少なくなります。

症状としては「イライラする」「不安になる」が多く、ほかに「赤ちゃんに無関心になる、愛情をもてなくなる」「無気力になる」という回答もあがっています。ホルモンバランスが整うにしたがい、自然に落ち着いてくることが多いようですが、数週間から1年以上続くこともあります。

□ すぐイライラしたり、心が傷ついたりする。
□ 色々なことが心配で、不安感がいつまでも続く。
□ 突然わけもなく悲しくなったり、怖くなったりする。
□ 気分の浮き沈みが激しく、感情を抑えることができない。
□ 疲れていてもなかなか寝付けず、不眠が続いている。
□ なかなか起きられず、いつまでも眠っていたい。
□ 頭痛、耳鳴りなどの体調不良がある。
□ 食欲がない(または過食)。
□ ものごとに集中できず、今まで当たり前にできていたことができない。
□ うれしさや楽しさを感じにくい、または感じなくなった。
□ いままで興味があったことに対する関心が極端に無くなった。
□ 気力がわかず、なにもかもが億劫。
□ 笑うのが苦痛、笑えない、人との会話を楽しめない。
□ ほとんど1日中気分が沈んでいて憂鬱。
□ 赤ちゃんをかわいいと思えない、または何も感じない。
□ 自分は母親として失格だと感じたり、自信を持てない。
□ ひどく惨めな気分になり、死にたくなることもある。

産後にメンタルの不調や変化を経験しているママは少なくありませんが、マタニティブルーがさらに重くなったような状態になり、この状態が2週間以上続き、どんどん悪化しているなら、産後うつの可能性が高いです。

産後うつは産後のホルモンの急激な変化に加え、出産の苦しさや疲れ、赤ちゃんの世話で寝られない睡眠不足、孤立感や無力感など、出産・育児のストレスがきっかけとなることが多いのです。

もしかしたら「産後うつ」かも? という時に

まず、妊娠する前からうつ病の傾向がある人は、特に産後うつになる可能性が高いので、妊娠中に医師や助産師にあらかじめそのことを伝えておく必要があります。

また、精神的に安定し、うつの傾向が無かった人にも、産後のストレスや、思い通りにいかない子育てへの苛立ち、周囲のサポート不足、人間関係の不和によって、産後うつ病にかかるリスクが高まります。

専門家に相談する

思い当たるふしがあり、その状態が2〜3週間以上続いているなら、すぐに医師に相談し、甲状腺の検査をします。甲状腺ホルモン分泌の異常が認められず、産後うつ病と診断されたら医師の指導に従って、早期治療を受けてください。カウンセリングはもちろん、授乳中でも服用できる抗うつ剤もあるので、安心して治療していきましょう。

マタニティブルーの段階で心配なことはまず医師や助産師に相談し、家族や友人に相談しにくいときは、各自治体で設けている電話相談サービスや、地域の保健師さんに気軽に相談しましょう。しがらみのないプロに相談することで気持ちが楽になり、より専門的で的確なアドバイスをもらうこともできます。

家族や友人に話す

家族、友人にも話すようにして、マタニティブルーや産後うつについてよく知っておいてもらいましょう。特にいちばん身近なパートナーには、理解してもらうことが大切です。イライラするとつい身近な相手にあたってしまいますが、産後の女性のホルモン変化を理解しているのとしていないのとでは、受け止め方が変わってきます。周囲の人たちのちょっとした心遣いが、産後うつの症状を軽くすることにもつながるのです。

インターネットを活用

また、ベビカムのような妊娠・出産・育児のコミュニティサイトもフル活用してください。ベビカムリサーチや全国から書き込まれるお悩みや体験談を見れば、同じように悩んでいるママは想像以上に多いということに気づくはずです。

関連リンク

ベビカムリサーチ

からだと心の相談室

powerd by babycome