ベビカムのワークショップ情報です。 過去開催ワークショップ・イベントのレポートと、現在参加者を募集しているワークショップ・イベント情報をお届けします!

赤ちゃんを可愛く撮る方法★ママカメラ「X-A1」撮影レッスン

  • 2014-06-27 12:59
  • 一般公開
  • テーマ:レポート

2014年4月。富士フイルムとベビカムのコラボレーションにより、カメラマン 山本彩乃先生の撮影レッスンが開催されました。参加したのは5人のベビカム会員さん。お子さまと一緒に、ベビカムの新しいイベントスペース「芝浦ベビカム倶楽部」にお越しくださいました!
(協賛:FUJIFILM)

デジタル一眼はじめの一歩! 設定と撮り方の基本を学ぼう


今回のレッスンで講師をしてくれた山本先生は、雑誌や広告で幅広く活躍している気鋭の女性カメラマン。レッスンで使用するデジタル一眼カメラ「X-A1」の海外版カタログの写真も手がけています。

レッスンはカメラの箱を開封するところからスタート。レンズを付けて、基本設定をして…と、まさに基本の「キ」からはじまりました。
ひと通りの設定が終わったら、おもちゃやぬいぐるみで試し撮り。明るさや色味を変えてみたり、動くものをブレずに撮るコツを学んだり…プロのレッスンを体験できる貴重な機会とあって、みなさん真剣な様子です。

実習スタート! 赤ちゃん&子ども撮影に挑戦!!


撮り方の基礎を学んだら、お子さまを被写体にして、いよいよ実習です。山本先生いわく、「片ときもじっとしていない子どもを撮るのは、プロでも難しいんです」とのこと。ママたちの日ごろの苦労がうかがえます。

慣れてきたらぜひチャレンジしたいのが、アート写真です。
たとえば「トイカメラ」設定で撮ると、まわりがほのかに暗くなりレトロな雰囲気に。また「ソフトフォーカス」でぼかしを加えれば、ふんわり優しい印象になります。
いろいろな機能を試しながら子どもを追いかけ、夢中で撮り続けたママたちにとって、2時間半のレッスンはあっという間のようでした。

今回の撮影レッスンの模様は、「赤ちゃんを可愛く撮る方法」でもご紹介しています。特に、レッスンに参加したママたちが写真で綴るブログは傑作です! ぜひご覧ください。
※「赤ちゃんを可愛く撮る方法」は終了いたしました。


****************************

レッスンで使ったのは富士フイルムのママカメラ「X-A1」。デジタル一眼なのにコンパクトで持ち運びやすく、楽しい機能がいっぱいのカメラです。
****************************
いいね
もっと見る
ワークショップ

「ワークショップ」さんとベビともになろう

投稿の更新情報がマイページで受け取れて、アクセスが簡単になります。

ベビとも申請

コメント

    みんなのコメントをもっと見る