>
>
> 七五三の準備はお早めに!お祝いの仕方や作法
七五三はシーズン! 子どもの健やかな成長を祝おう

七五三の準備はお早めに!お祝いの仕方や作法

七五三は11月の行事。とはいえ、早めの写真撮影が割引になるサービスなどもあり、すでに七五三準備が気になっている方も多いのでは?今回は、日本の伝統行事、七五三の由来やお参りの作法、スムーズに写真撮影をするコツなどをご紹介します!


七五三は宮中から庶民へ広がった儀式

七五三は宮中から庶民へ広がった儀式

七五三は、子どもが3歳・5歳・7歳のときに、それまでの成長を感謝し、これからの健康を祈る行事です。

3歳は「髪置き(かみおき)」、5歳は「袴着(はかまぎ)」、7歳は「紐解き(ひもとき)」の儀式が起源になっています。髪置きは、男女ともに髪の毛を伸ばし始めること、袴着は男の子が袴を着ること、紐解きは女の子がそれまで着ていた紐のついた子ども用の着物から、大人と同じような帯を締める形の着物に変えることです。

このような由来のため、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いします。地方によっては、男の子は5歳のお祝いのみの場合もあります。

また、7歳という節目は、子どもが神様の世界から人間の世界に定着する時期といわれています。栄養状態が悪く、医療の整っていなかった時代には、7歳までに亡くなってしまう子どもがとても多かったのです。

元々宮中や公家の間で行われていた行事でしたが、江戸時代から武家や庶民に広まりました。七五三と呼ばれだしたのは、明治時代からといわれています。

11月15日が七五三の日として定着したのは、江戸時代の五代将軍徳川綱吉が息子の徳松の袴着の儀式を行った日であるためという説や、秋の収穫を祝い氏神に感謝する祭りが子どもの成長を願う儀式と結び付いた説などがあります。現在では、11月15日にこだわらず、11月前後に写真撮影をしたり、神社やお寺にお参りすることが多くなっています。

満年齢でのお祝いが一般的ではありますが、きょうだいでいっしょに祝いたい、などの理由で数え年(生まれた年を1歳とかぞえる)に祝ってもかまいません。

ちなみに、七五三に欠かせない千歳飴は、元禄の時代に浅草で売り出されたものが始まり、といわれています。子どもの長寿を願って長い紅白の飴を作り、「千歳飴」と売り出されたものが、その後、七五三参りのお土産品として定着したということです。千歳飴の袋には鶴や亀、松竹梅などのおめでたい図柄が描かれており、縁起の良いアイテムとして親しまれています。



写真撮影は、早撮りで済ませればおトク!

写真撮影は、早撮りで済ませればおトク!

11月は、冬が近づき朝晩冷え込むようになってくる季節。七五三のお祝いをつつがなく済ませられるよう、子どもの体調管理にも気を使いますね。

そこで、写真撮影やお参りを、気候の良い時期を選んで早めに済ませる方法もあります。記念写真は、写真スタジオなどが5月〜8月頃に発売する「早撮りプラン」を利用すると、11月の七五三シーズン真っ最中よりもリーズナブルに撮影することができます。また、12月、1月にも撮影プランがあることも。

平日は土日よりもさらにお得になっている場合が多いので、もしご家族の都合がつくならば、利用してみては? 価格はプランによりさまざまなので、ある程度の予算を決めて、しっかりプラン内容を比較してみましょう。

また、格安プランでは気をつけたいことも。選ぶ衣装や印刷する用紙、台紙の種類によって値段が上がる場合もあります。衣装を着て、そのままお参りやお出かけをしたい場合は、プラン内容に含まれていないこともありますので、要確認です。

そしてなんといっても心配なのは、撮影当日のお子さんのご機嫌!
慣れない場所や人に、緊張して泣き出してしまったらどうしよう…と不安に思うママたちも少なくないはず。

そんなときは、撮影当日にお子さんをいきなり写真スタジオへ連れて行くのではなく、見積もりや予約を兼ねて、一度お店に足を運んでみては?
お店の雰囲気や、衣装選びのようすを先に感じておくと、お子さんもスムーズに撮影に入ることができるかもしれません。
また、おうちで写真スタジオのチラシなどを見せて、衣装やポーズなどをいっしょに考えておくのも楽しいですね。



お参りの作法を押さえておこう

お参りの作法を押さえておこう

神社やお寺にお参りするときに知っておきたい3つのポイントを押さえておきましょう。

①服装
子どもの服装に気をとられてつい後回しにしてしまいがちですが、パパはスーツ、ママは着物かワンピース、ジャケットを羽織るなど、きちんとした装いでお参りしましょう。祖父母の服装の基準も同じです。
ただ、ママは抱っこしたり子どもを追いかけたり…と着崩れが心配なこともありますので、お子さんが小さかったり、ほかに頼める大人が少ない場合には、洋服のほうが楽に動けます。
主役のお子さんは、年齢に応じたお祝い着やフォーマルな洋服で。衣装を購入するときや借りる時に、お店の人に相談するとよいでしょう。
ついうっかり忘れがちな、付き添いのきょうだいの服装ですが、こちらもなるべくフォーマルな装いで揃えるのがベスト。主役よりも目立たないように、紺や黒のジャケットに、男の子は長ズボンかハーフパンツ、女の子はワンピースなどを合わせるとよいでしょう。
入園・入学に着回せるサイズであれば、一石二鳥ですね。

②神社への謝礼(お祓いをする場合)
紅白の蝶結びののし袋に、「御初穂料」か「御玉串料」と書き、その下に子どもの名前を書いて渡します。神社によって異なりますが、謝礼の金額は5000円が一般的です。

③お参りの方法
手洗い所で口と手を清めてから、祭壇の前で二礼、ニ拍手、一礼。神社によって異なる場合があります。柱や立て看板で表示のあるところもあるので、確認してみましょう。



ホテルや貸会場 家族でのお祝いの仕方はさまざま

ホテルや貸会場 家族でのお祝いの仕方はさまざま

茨城県や千葉県などの一部の地域では、七五三をかなり豪華にお祝いするところもあります。ホテルや式場を借りて、親戚などに招待状を送り、豪華な衣装やケーキカットなど、まさに結婚式のよう。跡取りを一族にお披露目する習慣からきているそうですが、費用も準備も通常の七五三とは桁違いです。

全国的には、そこまで豪華にお祝いすることはありませんが、秋になると、ホテルなどでは七五三の「お祝いプラン」が登場します。和食・洋食・中華などの料理を、家族や親戚で集まって食べながら、七五三をお祝いするものです。おじいちゃん・おばあちゃんたちと、お参りの帰りなどに利用する方もいるようです。

プランのオプションとして写真撮影や、衣装の貸出し、神殿でのお祓いがついていることもあります。お参り・お祓い、写真撮影、ホテルでの会食をすべて1ヶ所で済ませることができるので、移動が少なく便利ですね。

そこまでお金をかけなくても、地元の神社にお参りし、衣装は貸衣裳や親族内でのお下がりを利用し、料理はケータリングなどを利用して自宅でお祝いする、という方法もあります。特に子どもがまだ3歳の場合、長距離の移動や長時間の撮影などは、親子ともども体力的にも精神的にもへとへとになってしまうことがあります。自分たち家族に合った、お祝いの仕方を考えましょう。



続きをよむ

関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome

特集カテゴリー

お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」
  • お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと
  • パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」

ピックアップ【PR】

PR