>
>
> すこやかな成長を願って端午の節句の祝い方

すこやかな成長を願って…
端午の節句の祝い方

5月5日はこどもの日。この日は、端午の節句でもあります。男の子の成長を祝って、楽しく過ごしたいですね。端午の節句の由来や、お祝いの仕方について見ていきましょう。


「端午の節句」その由来は?

そもそも、「端午の節句」とはどういう意味なのでしょうか?

「端午」の「端」ははじまりを意味します。端午とは、もともとは月の初めの午の日のことでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じであることや、数字を重ねることで祓いの効果を強いものにしようという考えによって、5月5日が端午の節句として定着していきました。

端午の節句は、奈良時代から続く古い行事で、「菖蒲(しょうぶ)の節句」ともいわれています。もともとは女性が身を清める日で、女性たちが小屋にこもって菖蒲酒を飲み、自由にふるまえる日でもありました。

江戸時代に入ると、「菖蒲」と「尚武(しょうぶ=武を重んじる)」をかけて、端午の節句は「尚武の節句」として広まっていきました。その後、徳川幕府によって5月5日が重要な式日として定められ、将軍に男の子が産まれると、武家の間で盛んに祝われるようになりました。こうして、端午の節句は、男の子の誕生と成長を祝う行事になったのです。



端午の節句の祝い方・お祝いの食べ物

○祝い方

男の子をお持ちのご家庭では、どんな風に端午の節句をお祝いしていますか? もともと、端午の節句は、立身出世を願う男の子の節句です。鎧兜(よろいかぶと)を飾り、鯉のぼりを立ててお祝いします。当日か前日の晩に両家の両親や知人を招いて、縁起物のごちそうでもてなすのが本来の祝い方ですが、現在では、ご家庭の状況に合わせて、お祝いの方法も様々に変化しているかもしれませんね。

○お祝いの食べ物

端午の節句の食べ物といえば、ちまきや柏餅。どんな意味があるのでしょうか? この日は、ちまきや柏餅を食べて祝います。ちまきを食べる習慣は、古代中国の故事に由来しています。中国の詩人・屈原(くつげん)の供養のために、彼の命日である5月5日に米を入れた竹筒を川に投げ入れたことからきています。柏餅を食べるのは、日本独自の習慣です。柏は新芽が出るまで古い葉を落とさないので、家系が途絶えないための縁起かつぎとされています。ちまきは邪気払いのため、柏餅は子孫繁栄を願って食べます。



五月人形と鯉のぼりの選び方・飾り方は?

子どもの健やかな成長を願って飾る五月人形。男の子のママにとっては、人形の準備をどうするか、気になるところですね。 人形には、子どもの身代わりになって厄を背負う役目があります。親のものは使わず、1人ひと飾りとされています。兄弟がいる場合、弟には小さめの飾りやわらべ人形を用意してもいいでしょう。

以前は、五月人形は母方の実家から贈るのが普通でしたが、現在は両家で折半することも多いようです。五月人形にはいくつか種類があり、武者人形、兜飾り、鎧飾りがあります。両家の事情や地域の風習の違いなどを考慮して、みんなで話し合って決めるとよいですね。

五月人形は、4月中旬までに準備して、内飾りとして楽しみます。人形は毎年飾ることが望ましいですが、保管できなくなったときは、社寺に持っていけば、供養してもらえます。

外に飾る鯉のぼりですが、もともと日本では、将軍に男の子が産まれると「のぼり」を立てて祝っていました。これが武家の間に広がり、男の子が産まれると「のぼり」を立ててみんなに知らせるようになったとか。この風習をまねて、町民が鯉の絵を描いた紙幟を掲げたことが、鯉のぼりを立てる習慣へとつながっていきました。現在は、ベランダに飾ることができるコンパクトな鯉のぼりもありますので、それぞれの家庭に合った物を選んでくださいね。



子どもの日にちなんで…親子で楽しむ手作りタイム

折り紙や新聞紙を使った「かぶと」作りは定番。色々な大きさで作ったり、新聞紙で作ったかぶとに色を塗ると、バリエーションが広がります。作ったかぶとは、よく見える所に飾ると子どもも喜びます。

自宅にプリンターがあるなら、ペーパークラフトに挑戦してみましょう! ネット上には、無料でダウンロードできる鯉のぼりやかぶとの型紙が多数あります。短時間でできるものも多く、のりとはさみを使って切り貼りするだけで、かなり凝った作品も完成します。

鯉のぼりは形が単純なので、工作にはもってこいの題材です。厚紙や牛乳パックを土台に、うろこの部分はシールやスタンプを使ったり、手のひらに絵の具をつけてぺったん! これなら、はさみが使えない小さなお子さんも楽しめます。

お料理が得意な方なら、年に1度のお祝い行事なので、料理にもこだわりたいところ。鯉のぼりに見立てたおいなりさんは、見た目もかわいらしく、子どもも食べやすいのでおすすめです。いなり寿司の上に、目や口、うろこをトッピング。うろこの部分には、ハムやにんじん・きゅうりなどを使うと、色とりどりに仕上がります。その他、押し寿司や食パンを土台にして、豪華な鯉のぼりを作ってもいいですね。



続きをよむ

関連ベビカムリンク:お役立ち情報


関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome

特集カテゴリー

お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと モニター募集!産前用機能付きアンダーウエア
  • お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと
  • モニター募集!産前用機能付きアンダーウエア

ピックアップ【PR】

PR