データキャッチアップ

SNSとコミュニケーション

データキャッチアップVOL.18 有効サンプル数 570

べビカムユーザーのみなさんに、主にコミュニケーション手段として利用しているSNSについてお聞きしました。(単位:%)

主にコミュニケーション手段として利用しているSNS

どの相手とのコミュニケーションにおいても、「LINE」がその他のサービスに圧倒的な差をつけて第1位でした。2016年のリサーチ時に比べると、利用率はさらに増えていました。

ついで「メール」がほとんどの相手で2位を占めましたが、「親」の場合だけ「電話」が31.9%で2位でした。2016年のリサーチでは「親」に使用しているツールとしては、「電話」が1位でしたが、今回は「LINE」が前回の32%から大きく伸びて、1位と2位が入れ替わる結果になりました。
ここ数年でシニア層のスマホ利用率が急速に伸びていますので、この傾向は今後も続くことが予想されます。

「ママ友」や「昔からの友人」への連絡では、「電話」はほとんど使われていません。忙しい相手にも時間を気にしないで連絡が取れる「LINE」や「メール」が好まれています。

べビカムリサーチ
VOL.207 SNSの利用について(2016)

ベビカム「LINE」公式アカウント
登録方法について

powerd by babycome