妊娠9ヶ月。骨盤の大きさと安産の関係は?

妊娠後期(5~9ヶ月)|Q305|2005/10/28

 
質問_心とからだの相談室
質問者
質問

今週には9ヶ月に入る、初産婦です。出産まで残り約2ヶ月になり、最近不安でたまりません。陣痛に耐えて、無事に自分の体から元気な赤ちゃんが産まれてきてくれるかどうか…。先日の検診で、先生に「いい骨盤をしてるね〜。井戸みたいに出口が広いっていうのかな〜。」と言われました。嬉しかったですが、いい骨盤をしてる=骨盤が大きいということなんでしょうか? 骨盤が大きいと、出産は比較的ラクになるものなんですか?出産に不安を抱いてる私に、旦那や母は「お尻も大きいし、安産だよ!」と励まされてますが、骨盤が大きいと陣痛時に子宮口も開いてくれるものなんですか? 何でもいいので、教えて頂けたら嬉しいです。

堀口貞夫先生
回答

「陣痛に耐えて、無事に自分のからだから…」とありますが、陣痛に耐えるのは”赤ちゃん”なのでしょうか、それとも”自分”なのでしょうか? ”赤ちゃん”だとすると、およそ90%の赤ちゃんは耐えますが、10%くらいは『ちょっときついよ』と言います。だから助産婦や産科の医者は気をつけて診ていて、手を差し伸べるのです。どういう方法で? 酸素吸入、会陰切開、クリステレル法、吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開などです。
 
”自分=妊婦さん”だとすると、耐えられるためには妊婦さん=あなたが一生懸命、母親になろうと思っているかどうかが大切です。妊娠期間の10ヶ月はその準備期間ともいうことができます。そのために母親学級があるし妊婦さん向けの本や雑誌もあるのです。親になることが心配・不安だったら赤ちゃんとママ社が出版した「あなただからだいじょうぶ」という本が(105円です)ありますのでぜひご参考に。同じ妊婦さん同士おしゃべりをする、助産婦さんと話をする、医者に質問するなど周りの人を利用しましょう。べビカムのコミュニティに参加するのもいいですね。
 
”井戸みたいに出口が広い”とはどういうことでしょうか、私には判りません。井戸の出口は広がっているものなのでしょうか? ”いい骨盤”がどういうことを言ったのか判りません。というのはその先生が「どういうことをいいと思っているのか」は想像するしかないでしょう? 想像は違っているかも知れないからです。
 
”骨盤が大きいと比較的ラクか?”という質問ですが、逆に骨盤が小さい場合のことを考えて下さい。赤ちゃんは通り抜けるのは大変ですよね。そうするとお母さんはラクとは言えないでしょうね。でも、大きくてもラクと感じるかどうかは、お母さんの感じ方ですよね。
 
”骨盤が大きいと陣痛時に子宮口も開いてくれるものなんですか?”
骨盤が小さくても子宮口は開きます。子宮口の開き方は、骨盤の大きさとは関係はありません。子宮口の硬さ、陣痛の強さ、お産をする人がリラックスしていられるかなどが関係します。リラックスするにはどうするかを、教えてくれるのが母親学級だし、ラマーズ法もその方法の一つです。夫立ち会い分娩やリーブ法もそうです。

「妊娠9ヶ月。骨盤の大きさと安産の関係は?」に関連する質問

ページの先頭へ戻る