>
> 妊娠初期、性交でオルガスムスを感じるのは
  • お悩み相談する!お悩み相談する!
  • お悩み相談する!お悩み相談する!
> 妊娠初期(1~4ヶ月) > 妊娠初期、性交でオルガスムスを感じるのは
匿名

Q.妊娠初期、性交でオルガスムスを感じるのは

妊娠初期です。妊娠中の友人に「妊娠初期は流産の恐れがあるので、性交はしても回数を減らす・絶対にオルガスムスを感じてはいけない」と聞きました。私自身も不安になって、本屋さんをまわって文献を色々と探しましたが、どこにもそれについて回答が載っていませんでした。主人も私も不安でセックスをしたくても出来ません。出来ない事にストレスを感じているので、それも母体には悪影響の様に思います。やはり、友人の言うとおり安定期に入るまでは控えたほうがいいのでしょうか。又、なぜオルガスムスを感じると良くないのでしょうか。感じずに我慢をするのも辛いと思うのですが。恥ずかしいので、医師に聞けません。教えてください。

問題のある投稿を報告

堀口貞夫先生(元愛育病院院長・産婦人科医師)のアドバイス
0

◆流産の原因って?
妊娠初期の流産は10~15%ありますが、流産のほとんどは受精卵の異常が原因です。受精した後の細胞分裂の途中で起こる現象です。その他は、インフルエンザなどの感染症です。水痘は病原性が強いので流産の原因となる説もある一方、これによる流産は多くは無いと言う記述もあります。その他としては、麻疹やGBS・リステリア・淋菌などによる細菌性腟症、クラミジアなどは流産の原因になるとする専門家もいます。
日常の行動では、よほどの事がない限り、流産の原因になるようなことはないと思います。「よほどの事」は個人差があり、なかなか基準を設けられません。たとえば性交であれば、「妊娠6週で何度性交があると、ない人よりどれだけ流産率が高くなるか」という研究自体、行なうのがとても難しいのです。どのような体位で・何度繰り返すと流産率がどのくらい増えるかという一般的な基準は残念ながらアドバイスできません。

◆早産の確率と性交
むかし妊娠5ヶ月から9ヶ月くらいの間を、「安定期」と言っていました。いつ流産になるか判らずビクビクしていた時代の名残りです。5ヶ月に入ると、流産率が減るため「安定期」と呼んだのでしょう。しかし「安定期」に入っても、やはり3~4%の早産の恐れがあります。そこで、医者の中には性交も早産の原因になりうるのではないかとして「妊娠中は必ずコンドームを使うべきである」と警告する人が居ます。理由は、「汚いペニスが膣に入ってくると感染の原因になり、それが卵膜炎の原因になり、子宮収縮をおこす」とか、「精液の中には子宮を収縮させる物質が含まれているので、早産の原因になる」ということのようです。残念ながら、コンドーム使用が本当に早産の予防に良いのかは研究が困難なためわかっていません。どちらにしても、男も女も自分の事だけでなく相手の事そして子宮の中の赤ちゃんの事を思い遣る気持ちを育てて行く事こそ子育ての時期を迎えるに臨んで大切な事ではないでしょうか。

◆妊娠中に性交やオルガスムスを我慢することについて
性交が出来ずに10ヶ月のあいだ悶々としているほうが、精神衛生上悪いとは思いませんか?また、性交をしても意識的にオルガスムを感じないようにする事は出来ますか?私は女性ではないのでわかりませんが、男性は性交をして射精(男にとってはこれはオルガスムと殆ど同義語です)をしないで止める事は殆ど不可能です。膣外射精が避妊法などとはとてもいえないのも、そのためです。
彼とのセックスでオルガスムを感じる事ができる。こんな素晴らしい事はないではありませんか。性交を経験し始めても、しばらくは全くいい気持ちにはなれないという人も大勢いるのです。お腹の中に育って行く赤ちゃんの事も忘れないようにしながら二人が愛しあう事・愛を確かめあう事は、生まれてくる赤ちゃんにとっても良い環境(良い家族)と言えるのではないでしょうか。
我を忘れてしまうような快感だから、いい気持ちになってしまう事に罪悪感を持つのかもしれませんね。確かにオルガスムスを感じることで、子宮の充血や収縮が起こります。しかし、セックスによる子宮の収縮は終われば消えてしまうようです。オーガズムが早産の原因になるなら、子宮収縮剤を使わずセックスで陣痛誘発することもできるのですが。また、乳首のマッサージで陣痛誘発をしようとした専門家もいます。しかしこれも行われていないのは、利用できる程の効果は無かったのでしょう。

  • ▼ 堀口貞夫先生のプロフィール

    • 元愛育病院院長、元東京大学医学部講師。妊婦が安心して、自分が納得のいくお産をするために、のべ4万人という妊・産婦をあたたかく見守ってきた。「妊婦のことを親身になって考えてくれる」と評判が高い。現在はJR四ツ谷駅前の「主婦会館クリニック からだと心の診療室」(主婦会館プラザエフ4F)にて、女性のからだと心を両面からサポートしている。著書に『あなただから だいじょうぶ』 (赤ちゃんとママ社)など。

powerd by babycome