s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.99 「産みどき」の理想と実際

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.99 「産みどき」の理想と実際

2009年8月14日(金) ~ 8月20日(木)
有効サンプル数 924

 

初めての子どもを「20代後半」で産みたかった方が52%
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第99回として、『「産みどき」の理想と実際』のアンケートを実施しました。
初めての子どもを妊娠する前に「子どもを産みたいと思っていた年齢」をお聞きしたところ、「20代後半」という方が52.4%です。

 

1.子どもは何人ほしいと思っていた?


まず、みなさんに、(当時結婚していた、いなかったにかかわらず)初めてのお子さんを妊娠する前、『子どもは何歳ごろに産んで、何人ほしいと思っていたか』についてお聞きしました。
子どもは何人ほしいと思っていたかのお答えは、以下の通りです。「2人」という方が60.7%、「3人」という方が28%です。



グラフ1


2.初めての子どもは、何歳で産みたかった?


○○代前半・後半という区分で集計すると、冒頭に示したように「20代後半で産みたかった」という方が52.4%です。
年齢でみると、第1位が「30歳」(21.4%)、第2位が「25歳」(16.8%)、第3位が「28歳」(15.4%)で、『25歳~30歳の間』をお答えになった方は73.8%に達しており、初めての子どもを産みたかった年齢の平均は27.9歳です。



グラフ2


3.実際に初めての子どもを産んだ年齢は?


では、実際にみなさんが初めてのお子さんを産んだのは、何歳のときでしょうか?
「20代後半」の方が40.2%、30代前半の方が38.7%で、平均初産年齢は29.8歳となっており、2.で見たみなさんの希望より平均すると約2歳遅くなっています。
初めての子どもを産みたかった年齢と、実際の初産年齢の差を見ても、「希望どおり」と答えた方は13.6%です。



グラフ3


4.(子どもがいる)今の生活に満足している?


みなさんに、『(初めてのお子さんを)妊娠する前に考えていた理想の人生と、現状を比べて思うこと』、『今の生活で幸せを感じること』、『今の生活で不安を感じること』を自由回答形式でお答えいただいたあと、そうした状況を総合的にみて、現状の(子どもがいる)生活に満足しているかどうかをお聞きしました。
「とても満足」が25%、「まあ満足」が63%で、合わせて88%の方が現状の生活に満足しているようです。



グラフ4


5.今後のライフプラン実現への不安はある?


最後に、 『今後のライフプラン』について「次の子を○○歳までに産んで、パートで仕事に復帰して、下の子が小学生になったらフルタイム勤務に変更したい・・・」など、自由回答形式でお聞きし、その実現について不安はあるかどうかもお聞きしました。
「まったく不安はない」の6%、「まあ不安はない」の27%に対し、「やや不安がある」が47%、「不安がある」が20%です。
不安の原因には、「体力的な不安」を挙げた方もいますが、昨今の雇用情勢や景気動向を反映して、「経済的な不安(家計面での不安)」を感じている方が多いようです。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

初めてのお子さんを妊娠する前のみなさんの「理想」では、25~30歳の間に初めての子どもを産みたいと思っていた方が全体の約4分の3を占めました。

しかし、初産年齢は、平均値で見てもみなさんの希望(理想)より2年ほど遅めで、希望していた年齢どおりだった方は約14%、プラスマイナス1年の範囲の方でも約36%です。


ただ、実際にお子さんを産んだ年齢が妊娠前の理想と違っていても、みなさんのご意見(ご経験談)をみると、それは大きな問題ではないようです。

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ