s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.190 節分について

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.190 節分について

2015年1月6日(火) ~ 1月13日(火)
有効サンプル数 159

 

去年の節分に「恵方巻を食べた」という方が65%
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第190回として、『節分について』のアンケートを実施しました。
去年の節分に、「恵方巻を食べた」という方が全体の65%です。

 

1.去年の節分に、ご家庭で何をしましたか


まず初めに、みなさんに『去年の節分に、ご家庭で何をしたか?』について複数回答形式で伺いました。
結果は以下の通り。「恵方巻を食べた」という方が全体の65%、「豆まきをした」方が52%、「豆を食べた」方が50%、「鬼の面を作った」方が10%などとなっています。



グラフ1


2.豆まきに、どんな豆を使いましたか?


1.で「豆まきをした」とお答えになった方83人に、どんな豆を使ったかについて伺いました。
結果は以下の通り。「大豆」を使った方が83%、「殻つき落花生」の方が11%、「その他」が6%です。



グラフ2


3.恵方巻は、どのように準備しましたか?


1.で「恵方巻を食べた」とお答えになった方103人に、恵方巻をどのようにして準備したかについて伺いました。
最多は「スーパーやコンビニエンスストアで購入した」で、該当者の65%です。
次いで、「手作りした」が24%、「デパートで購入した」が7%などとなっています。



グラフ3


4.節分のイベントに参加したことがありますか?


最後に、みなさんに『これまでに、家庭以外の「豆まき」「節分会」などのイベントに参加したことがあるかどうか』を伺いました。
「参加したことがある」という方が全体の25%です。



グラフ4


 

 

今回のまとめ

節分とは『季節の分かれ目(変わり目)』のことで、暦の上では各季節の始まりの日とされる「立春・立夏・立秋・立冬」の前日となります。

「立春」は2月4日となることが多いので通常は2月3日が「春の節分」になりますが、閏年で立春が2月5日になる場合には2月4日が「春の節分」になることもあるようです。

古来、季節の変わり目には邪気を追い払うため、邪気を鬼に見立てて「鬼は外、福は内」と掛け声を出しながら「福豆」をまく『豆まき』が行われるようになり、こうした風習が受け継がれて現代に伝わる「節分の豆まき」となっています。

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ