s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.149 「節電の夏」の生活

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.149 「節電の夏」の生活

2011年7月15日(金) ~ 7月20日(水)
有効サンプル数 248

 

この夏、節電を意識しているご家庭が98%
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第149回として、『「節電の夏」の生活について』というアンケートを実施しました。
「この夏、節電を意識している」というご家庭が、全体の98%です。

 

1.ママの勤め先で、勤務日などの変更があった?


みなさんの中で、現在、何らかのお仕事をしていらっしゃる方(産休中または育休中の方は除く)は、全回答者248人の30%にあたる75人です。
就業中のママ75人に、『この夏の節電対策などのため、勤め先で勤務日が変更されたりしましたか?』と複数回答形式で伺ったところ、「特に変更はない」という方が92%、何らかの変更があった方は8%でした。



グラフ1


2.パパの勤め先で、勤務日などの変更があった?


みなさんのパートナーの勤め先についても、『この夏の節電対策などのため、勤務日が変更されたりしましたか?』と複数回答形式で伺いました。
「特に変更はない」という方が88%ですが、「土日が出勤日になった」「平日が休業日になった」「サマータイムになった」「勤務時間が短縮された」などの方が、それぞれ5~2%です。



グラフ2


3.パパの勤務が変化した影響は?


パートナーの勤務日や勤務時間などが変更になったことで、みなさん自身の生活に影響があったかどうかを、該当の方28人に伺いました。
「はい(影響がある)」という方が、57%です。



グラフ3


4.この夏、節電意識は変わった?


冒頭にも示した通り、この夏、節電を意識しているというご家庭は、全体の98%です。
その内訳は、「もともと意識していたが、より強く意識するようになった」が44%、「もともと意識していたので、変わらない」が37%、「もともと意識していなかったが、意識するようになった」が17%です。



グラフ4


5.節電を意識して購入したものは何?


『この夏、節電対策を意識して購入したもの(買い替えたもの)があるかどうか?』を、複数回答形式で伺いました。
冷却効果のあるバンダナ」が21%、「扇風機」が18%、「すだれ」が13%、「LED電球(照明器具)」が12%、「(直射日光による室温上昇を抑えるための)植物の苗や種、育てるためのプランターなど」が11%などとなっています。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

東日本大震災による原発事故の影響などで、東京電力と東北電力の管内では電力不足になり、この夏東日本では一般家庭も前年比15%の節電を求められています。

産業界でも、平日午後のピーク時の電力消費を削減するため、休業日/勤務日を土日と平日で入れ替えたり、勤務時間を変更するなど、働く人の勤務形態や生活パターンに影響する変化が生じています。


そこで今回は、「節電の夏」がみなさんの生活パターンにどんな影響を及ぼしているかについて、リサーチしました。

続きを読む

 

わが家の「節電の夏」対処法

【電化製品の使い方】
■使っていない部屋(冷蔵庫があるのでキッチンは除く)のブレーカーを落とす。 (39歳 神奈川県 3児のママ・りおさくさん)
■家じゅうの電球をLEDに変えた。洗濯は、一定以上の量をまとめてする。電化製品を頻繁にバチバチON/OFFしない(ONの時に電力消費が大きいので)。 (38歳 神奈川県 1児のママ・ゆゆゆ。さん)

■留守電やウォシュレットなど、とにかく絶対必要ではないものはコンセントからプラグを抜いています。 (34歳 神奈川県 1児のママ・とまとんさん)
■冷蔵庫の温度設定は「中」。エアコンの使用は最低限。テレビは主電源オフ。家電は必要時のみ通電する。 (35歳 兵庫県 1児のママ・かんなぎさん)

■冷蔵庫にカーテンをつけ、扉の開け閉めを早くしている。 (37歳 静岡県 1児のママ・りくままさん)
■ペットボトルにお茶を凍らせてテーブルにおいて …

続きを読む

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ