s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.142 無痛分娩について

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.142 無痛分娩について

2011年1月14日(金) ~ 1月24日(月)
有効サンプル数 341(出産経験者;うち、前回の出産が経膣分娩だった方 283人)

 

無痛分娩経験者では、次の出産も無痛分娩を希望する人が8割以上!
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第142回として、出産ジャーナリストの河合蘭さんとの共同で「無痛分娩についてのアンケート」を実施しました。
「また産むことがあったら、無痛分娩で産みたい」と思う方は、前回無痛分娩で産んだ方の82.5%です。

 

1.前回の出産は、無痛分娩でしたか?


いちばん最近の出産が経膣分娩だった方283人のうち、出産の時に麻酔を使って痛みをとった方は14%の40人です。
 ※ここでは、「麻酔を使って痛みをとりながら経膣分娩で出産すること」を『無痛分娩』と呼びます。



グラフ1


2.無痛分娩は、本当に痛くない?


実際に無痛分娩で出産された方40人に、痛みがあったかどうかについて伺いました。
「痛みはほとんどなかった」という方が21人(52.5%)、「痛みはあったが少しだけ」が7人(17.5%)、「痛みはあり、つらかった」が8人(20%)などとなっています。



グラフ2


3.無痛分娩にしなかった理由


いちばん最近の出産が無痛分娩ではない経膣出産だった方239人に、無痛分娩にしなかった理由を複数回答形式で伺いました。
「必要を感じなかったから」が第1位(57%)、「産院が無痛分娩をしていなかったから」が第2位(44%)、「痛みを乗り越えることも大切だから」が第3位(27%)などとなっています。



グラフ3


4.無痛分娩に関心はありますか?


いちばん最近の出産が無痛分娩ではなかった方(無痛分娩ではない経膣出産だった方239人と帝王切開だった方58人)に、無痛分娩に関心があるかどうかを伺いました。
半数近くの45~46%の方が、「はい(関心はある)」というお答えです。



グラフ4


5.次回の出産の時も(は)、無痛分娩で産みたいですか?


いちばん最近の出産が無痛分娩だった方40人に、『また産むことがあったら、次も無痛分娩を選びたいですか?』と伺ったところ、「はい」の方が82.5%です。
いちばん最近の出産が無痛分娩ではない経膣出産だった方239人に、『また産むことがあり、産院が希望者には無痛分娩をおこなっているとしたら、あなたは無痛分娩を希望しますか?』と伺ったところ、「希望する」と「希望するかもしれない」の方を合わせて36%です。
一番最近の出産が帝王切開だった方56人に、『また産むことがあり、そのときには経膣出産が可能で、産院が希望者には無痛分娩をおこなっているとしたら、あなたは無痛分娩を希望しますか?』と伺ったところ、「希望する」と「希望するかもしれない」の方を合わせると52%となり、「希望しない」の33%を上回っています。



グラフ5


6.「おなかを痛めてこそ・・・」という考え方に共感できますか?


日本には、「おなかを痛めた子」という表現に見られるように、陣痛の痛みを感じることと母心を関連づける伝統的な考え方があり、一説には、日本で無痛分娩が普及しない理由の1つとされています。
この考え方に共感できるかどうかについて伺ったところ、共感できる方(「共感できる」と「やや共感できる」の計)は経膣出産の方の53%、帝王切開の方の48%です。



グラフ6


 

 

今回のまとめ

今回は、ベビカムフェローの出産ジャーナリスト・河合蘭さんとの共同企画で、欧米では普及しているものの日本ではまだ普及が進んでいない『無痛分娩』について、みなさんのご経験やご意見を伺いました。


いちばん最近の出産が無痛分娩だった方は、経膣出産された方の14%(帝王切開された方を含む回答者全体に対しては12%)です。

ちなみに河合蘭さんによれば、アメリカでは経膣出産の6割、フランスではほとんどの経膣出産が無痛分娩とのことであり、日本で無痛分娩の普及が進んでいない状況が確認できます。

続きを読む

 

 

このリサーチ結果を読んだ人はこちらのリサーチ結果も読んでいます。
Vol.91-1:2人目のお子さんについて(その1) 2人目は何歳差がいい?
Vol.148:子どもの生まれ月について<2011年版>
Vol.94:妊娠中にもらってうれしかったもの
Vol.16:葉酸、摂りましたか?
Vol.137:出生前診断、受けましたか?
Vol.90:お弁当づくりについて
Vol.91-2:2人目のお子さんについて(その2) 上の子のケアについて
Vol.97-1:専業主婦とワーキングマザー(その1) ママの働く理由/働いていない理由は?<2009年版>
Vol.98:お子さんとのおでかけ<2009年版>
Vol.111:赤ちゃんの「おしゃぶり・指しゃぶり」について

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ