s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.114 赤ちゃんのお世話の「予習」と「実際」

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.114 赤ちゃんのお世話の「予習」と「実際」

2010年1月20日(水) ~ 1月29日(金)
有効サンプル数 632

 

実際に子育てして、いちばん大変だと感じる「赤ちゃんのお世話」は?
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第114回として「赤ちゃんのお世話について」というアンケートを実施しました。
実際に子育てするようになって、いちばん大変だと感じる「赤ちゃんのお世話」を伺ったところ、上位3つは「寝かしつけ」(32%)、「病気や肌トラブルなどの対処法」(29%)、「授乳」(18%)です。

 

1.初めての妊娠中、関心が高かった「赤ちゃんのお世話」は?


まず、初めての妊娠中に関心の高い(高かった)「赤ちゃんのお世話」は何かについて、複数回答形式で伺いました。
第1位は「授乳」で、ほぼ4人中3人の73%の方が挙げています。次いで第2位は「病気や肌トラブルなどの対処法について」の62%です。
この2つのほか、「沐浴やお風呂の入れ方について」、「寝かしつけについて」、「赤ちゃんの体温調節について(季節に応じたベビー服や室温調節)」、「あやし方・抱き方について」を41~44%の方が挙げました。



グラフ1


2.初めての妊娠中、不安に思う「赤ちゃんのお世話」は?


次に、初めての妊娠中、不安に思う(思っていた)「赤ちゃんのお世話」についても伺いました。
「病気や肌トラブルなどの対処法」(62%)が第1位、「授乳」(51%)が第2位で、1.の『関心が高いこと』とは順位が逆になっています。
一方、これら2つに続くものは、1.と同様に「寝かしつけについて」、「赤ちゃんの体温調節について(季節に応じたベビー服や室温調節)」、「あやし方・抱き方について」の4つで、それぞれ30%前後の方が挙げています。



グラフ2


3.実際に子育てするようになって、いちばん大変に思うのは?


現在すでに子育て中の方573人に、『実際に子育てをするようになって、いちばん大変に思う「赤ちゃんのお世話」は何か?』について伺いました。
冒頭に示した通り、第1位が「寝かしつけ」の32%、第2位が「病気や肌トラブルなどの対処法」の29%、第3位が「授乳」の18%です。



グラフ3


4.もっと知っておけばよかったと思うのは?


1.~3.の質問を踏まえて、お子さんのいらっしゃる方に、『実際に子育てをするようになって、妊娠中に(もっと)学んでおけばよかった・調べておけばよかったと思う「赤ちゃんのお世話」は何か?』について、複数回答形式で伺いました。
最多のお答えは「特にない」の38%ですが、「病気や肌トラブルなどの対処法」を挙げた方も34%います。
また、「授乳」、「寝かしつけ」を挙げた方がそれぞれ24%と21%です。



グラフ4


5.学んだけれど役に立たなかったことはある?


最後に、『実際に子育てをするようになって、妊娠中にいろいろ学んだり調べたりしたけれど役に立たなかったと思う「赤ちゃんのお世話」は何か?』についても、複数回答形式で伺いました。
ほぼ3人中2人の65%の方が、「特にない」と答えています。


グラフ5

 

 

今回のまとめ

初めての妊娠中、赤ちゃんのお世話について何かと不安に思うことは少なくありません。

最近では、育児書や妊娠中の母親学級などのほか、ネットでもいろいろと情報収集できますが、それでもまだ「病気や肌トラブルなどの対処法」、「授乳」、「寝かしつけ」については、『妊娠中にもっと学んでおけばよかった』という先輩ママが少なからずいます。


そこでママの知恵集では、「(妊娠中)もっと学んでおけばよかった」ことの上位3つの「病気や肌トラブルなどの対処法」、「授乳」、「寝かしつけ」を中心に、みなさんから寄せられた『(妊娠中の)情報収集のおすすめ』などの一部をご紹介します。

もっとも、先輩ママの多くが、「いろいろと情報収集することも重要だけれど、実際の育児は必ずしも情報の通りにならないことも多い」とアドバイスしています。情報収集するなかで、それに一字一句違わないようにするのではなく、お子さんの個性や自分の育児環境に合わせて、上手に情報を“適用”していく柔軟さや臨機応変さが、実際に育児をしてい …

続きを読む

 

「赤ちゃんのお世話」の情報との関わり方

【これから出産する人に「これは学んでおくべき・調べておくべき」とおすすめすること】
■医療的なものに関しては、「この程度ならあわてなくても大丈夫」という程度のことは、知っておくといざというときに対処がしやすいと思いました。 (35歳 山梨県 2児のママ・yukiさん)
■ぜひ1冊、赤ちゃんの病気やトラブルガイドなどの本を購入することをオススメします。私は子育ての中でとても重宝しました。 (32歳 長野県 2児のママ・マオママさん)

■0歳のときにかかりやすい病気について、知識があるだけでもあわてないで済む。知識がないと、赤ちゃんが突然熱を出したときにあわてたり、嘔吐のときに正しい対処ができないので (39歳 広島県 2児のママ・ボルダーさん)
■上の子は、生後1ヶ月で百日ぜきにかかりました。下の子は、鼻涙管狭窄のため目やにがひどかったです。また、脂漏性湿疹・中耳炎・下痢など0歳のときはいつも病院通いでしたが、赤ちゃん …

続きを読む

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ