s
トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.112 わが家の「お雑煮」

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.112 わが家の「お雑煮」

2009年12月24日(木) ~ 1月7日(木)
有効サンプル数 579

 

お雑煮のおもち、角もちは「焼く」、丸もちは「焼かない」が主流
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第112回として「お雑煮について」というアンケートを実施しました。
お雑煮に入れる「おもち」について、「角もち」派では『焼く』が、「丸もち」派では『焼かない』が、それぞれ主流です。

 

1.お雑煮はどこで食べましたか?


まず、今度のお正月、どちら(ご自宅or帰省先)でお雑煮を食べたかについて、お伺いしました。
「自宅で」という方が過半数の53%、「帰省先(ママの実家)で」が27%、「帰省先(パパの実家)で」が13%です。
「食べなかった」という方は6%です。



グラフ1


2.お雑煮の「おもち」は丸もち? 角もち?


「お雑煮を食べた」という方543人に、お雑煮に入れる「おもち」の種類を伺いました。
おもちの形が「丸」か「角」かについては、「角もち」派が60%、「丸もち」派が38%です。
おもちを焼いて入れるか、焼かずに入れるかについては、「焼く」が55%、「焼かない」が43%ですが、「角もち」派では「焼く」ことが多く、「丸もち」派では「焼かない」場合が多いようです。



グラフ2


3.お雑煮の味つけは?


では、お雑煮の味つけは?
『うす口しょうゆの「すまし汁」仕立て』が48%、『こい口しょうゆの「すまし汁」仕立て』が30%で、合わせて78%が『しょうゆの「すまし汁」仕立て』です。
一方、『みそ(味)仕立て』の方は、(「その他」の中に含まれる)こうじみそ・赤みそ・麦みそなどを使う方も合わせて20%です。



グラフ3


4.お雑煮に入れる具材は?


お雑煮で、「おもち」以外に入れる具材について複数回答形式で伺いました。
トップ5は、「にんじん」(62%)、「だいこん」(59%)、「とり肉の切り身」(52%)、「かまぼこ」(41%)、「みつば」(38%)です。
「その他」では、「ごぼう」、「しいたけ」、「はくさい」が比較的多いようです。



グラフ4


5.お子さんに初めてお雑煮を食べさせたのは?


最後に、お子さんのいらっしゃる方502人に、「初めてお雑煮を食べさせたのは、何歳のときのお正月か?」について、伺いました。
「(まだ)食べさせていない」を除くと、「1歳のときのお正月」が第1位、「2歳のときのお正月」が第2位です。


グラフ5

 

 

今回のまとめ

日本のお正月には欠かせない「お雑煮」ですが、古くからの慣習ゆえ、以前にリサーチした「おみそ汁」と同じように、地域による味つけなどの違いもかなり見られます。

まず、おもちの「角もち」と「丸もち」ですが、みなさんの間では、『角もち』派が60%で『丸もち』派が38%です。また、お雑煮の「汁(の味つけ)」については、『しょうゆの「すまし汁」仕立て』が78%、『みそ仕立て』が20%です。

こうした違いには、お雑煮の起源や由来が関係しているのかもしれません。

お雑煮の起源には諸説あり、まだ十分に研究されていないこともあって研究者の間でも意見が分かれるようですが、代表的なものとして、歴史学的な考え方と民俗学的な考え方の2つがあります。

歴史学的な考え方では、武家社会の風習が武士以外の人々にも広まったものとしています。中には、「関が原の戦い」で日本中の戦国大名や武士たちが東西に分かれて戦った結果、お雑煮に入れる「おもち」も東日本では『角もち』、西日本では『丸もち』になったとする説 …

続きを読む

 

お雑煮づくり

【小さな子どものお雑煮】
■最初のお雑煮は、おもちをのどに詰まらせるといけないので、お汁だけあげました。 (37歳 愛知県 2児のママ・りなそうままさん)
■ベビー用には、おもちのかわりに「赤ちゃんせんべい」でした。 (37歳 東京都 1児のママ・ぎゃふんさん)

■おもちをのどに詰まらせてしまったら困るので、小麦粉と水をこねて柔らかめの小さなお団子を作り、子ども用にお雑煮にして食べさせました。 (31歳 大阪府 1児のママ・もちりんさん)
■普通にお雑煮として煮たあと、味つけ前に具とつゆを取り分けて、子ども用には具を再度細かく刻んでうす味にして、おもちのかわりに新粉もち(お米で作ってあるもの)を一口で食べられるくらいの大きさに切り分けて入れます。もち米ではないので噛み切りやすく、のどに詰まる心配も少ないかと思います。 (33歳 埼玉県 2児のママ・ぱんだこさん)

■子どもにはおもちのかわ …

続きを読む

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ