ベビカムニュースベビカムニュース

母子感染を防ぐ!妊娠する前にチェックすべき検査と予防接種

赤ちゃんが欲しいなと思ったら、まずは自分のからだのことを把握しておくことが大切です。

母子感染を防げ!妊娠する前にチェックすべき検査と予防接種

「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、妊娠する前に検査しておきたい感染症がいくつかあります。

妊娠中にかかると母子感染する感染症

風疹、トキソプラズマ、水ぼうそうなど、母子感染を起こす感染症には気を付けなければなりません。妊娠を希望する前に、検査や予防接種を済ませましょう。
【風疹】
妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんの脳や心臓に奇形が生じたり、耳が聞こえなくなったりする「先天性風疹症候群」になる可能性があります。
【水ぼうそう】
妊婦さんが水ぼうそうになった場合、妊婦さん自身やおなかの赤ちゃんに影響が出る可能性があります。
妊娠初期(妊娠20週以前)に感染すると、1~2%の割合で「先天性水痘症候群」(低出生体重、皮膚瘢痕、四肢低形成、脳皮質萎縮、目の脈絡網膜炎など)になるおそれがあります。
【B型肝炎】
B型肝炎ウイルスは、感染していても肝炎症状が出ないことがあります。そのようなB型肝炎ウイルスを体内に保有している人(キャリア)が妊娠すると、母子感染の原因となりますので、検査を受けておく必要があります。
【トキソプラズマ】
トキソプラズマの初めての感染が妊娠中だと問題が起こります。トキソプラズマが胎児に感染し、「先天性トキソプラズマ症」(水頭症、脈絡網膜炎など)を発症することがあります。過去にすでにトキソプラズマに感染していた場合は、ママのからだの中にすでに免疫ができています。妊娠中に感染したとしても、胎児にまで影響しないので心配はありません。

ほかに、予防接種で防げる感染症に、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)、麻疹(はしか)などがあります。

妊娠中の接種が胎児に影響することを考え、予防接種後2ヶ月は避妊することが望ましいとされています。妊娠中の接種も避けます。

健康診断も妊娠をしていないときに

内科的検診を受けて、からだに異常がないかを調べておきましょう。妊娠中のX線検査は、胎児への影響を考えて避けたいので、妊娠前に済ませておくとよいでしょう。
済ませておきたい検査と予防接種について詳しくはこちら>>

ママのからだに不安や心配がないように準備をして、妊娠という形で赤ちゃんを迎えてあげられるといいですね。

合わせて読みたい
■ベビカム相談室 堀口貞夫先生(元愛育病院院長・産婦人科医師)のアドバイス
Q.妊娠前にはしかの予防接種を受けたいのですが?
Q.おたふくかぜ予防接種後の妊娠は胎児に影響がありますか?
powerd by babycome