ベビカムニュースベビカムニュース

熱が下がってもまたあがる。発疹がからだ中に広がる…なんの病気?

乳幼児にもっとも多いはしか(麻疹)の可能性が。特徴的な症状をまとめました。

はしか

発熱とともにからだ全体に発疹ができるはしか(麻疹)。小さい頃にかかったパパやママもいらっしゃるのではないでしょうか。

★はしか特有の症状とは
38~39度の発熱ではじまり、鼻みずや咳などの風邪の症状や目やにがみられます。熱は一時的に下がりますが再び上昇し、発疹が顔や首、胸やおなかから手足へと広がり、色も濃くなっていきます。
熱は発疹が現れたのち、約3日くらい続いて下がり、発疹の色も薄くなります。
なお、はしかから中耳炎や重い呼吸困難をともなう肺炎急性脳炎を合併するケースもあり、死に至ることもあります。

★潜伏期間の長い麻疹ウイルス
麻疹ウイルスは、口からのしぶきなどから感染します。潜伏期間は10~12日と長く、感染しやすい期間は発熱し、発疹が現れてから5日目ぐらいです。
特効薬はなく、症状を和らげる薬を用いて、体力の消耗を防ぎます。また、ほかの呼吸器系への二次感染予防として、抗生物質を投与します。

★おうちでのケアは?
高熱からの脱水症状を防ぐため、水分を十分に補給します。口の中が痛み、食欲がないので、刺激が少なく口あたりのよいものを与えましょう。(病気のときの食事)

はしか(麻疹)について詳しくはこちら>>

■合わせて読みたい
麻疹・風疹混合(MR)【定期接種】
なぜ予防接種を受けたほうがよいのか

病気ナビ ベビカム医学大事典病気ナビで女性やママの「困った!」を解決

powerd by babycome