ベビカムニュースベビカムニュース

乳歯の生える時期と場所のめやすは?丁寧なケアが健康な成長のカギ

「食べ物を食べるため」だけではない、乳歯の役割。元気な乳歯が健やかな成長のカギ。

乳歯の生え方の特徴

乳歯の生える時期と場所のめやす

乳歯が生える時期には個人差がありますが、だいたい生後6~8ヶ月で下の前歯(乳中切歯)から顔をだすのが一般的です。上の前歯から生える赤ちゃんもいますが、個人差があるので心配はありません。

乳歯の生える時期のめやす

上下の前歯4本が生えたあとは、乳側切歯→第一乳臼歯→乳犬歯→第二乳臼歯の順に生えていき、3歳前後で20本の乳歯が生えそろいます。

元気な乳歯がからだの成長のカギ!

乳歯は、永久歯にくらべ、エナメル質も未熟でむし歯になると進行が速いという特性があります。
乳歯のいちばんの役割は、もちろん食べるためで、食べ物をかみ切ったり、すりつぶして、栄養を体に取り込みやすくしますが、役割はそれだけではありません。

・かむことであごをしっかり成長させ、歯ならびや顔の形をととのえる
・正しい姿勢をとる
・きちんと発音をする
・永久歯が正しく生える

といったことにも関係しており、乳歯がひどいむし歯になると、こうした成長のための基盤がゆらぐことにもなります。
「どうせ生えかわるから…」とおろそかにせず、すこやかな成長のために、元気な乳歯を大切にしましょう。

合わせて読みたい
■ベビカム病気ナビ(子ども医学館)
乳歯の生え方と特徴
唾液の強力パワーを味方に
咀嚼と歯の健康・体の健康
powerd by babycome