ベビカムニュースベビカムニュース

首のうしろをトントン…はNG!すばやく鼻血を止めるには?

突然鼻血が出ると慌ててしまいがち。鼻血を止める昔からの俗説にも注意しましょう。

鼻血が出た

子どもの鼻血はよくあることで、たいていは鼻の穴のいじりすぎ、鼻のかみすぎ、強く打ったときなどに起こり、重大な原因によるものはまれです。あわてずに、落ち着いて対処しましょう。

★鼻をしっかりつまんで圧迫
鼻血の多くは、鼻の入り口近くに集まっている細長い静脈が破れたためで、多くは強く圧迫止血することで止まります。顔を少しうつむきにして、鼻の下部を15分くらい強く押さえます。
圧迫で止まらない場合は、清潔な脱脂綿などをつめます。止まったように思えても、最低20分ほどは入れたままにしておきます。

★鼻を冷やす
冷たくしたタオルや、布にくるんだ氷を鼻にあて、血管を収縮させ、出血を止めます。

★ここに注意!
頭を後ろにそらせて首をたたくのは厳禁。血液がのどの奥に流れて飲み込むことになり、吐きけがでます。

ほかにも注意。鼻血が出たときのポイント>>

■合わせて読みたい

鼻出血

病気ナビ ベビカム医学大事典病気ナビで女性やママの「困った!」を解決

powerd by babycome