ベビカムニュースベビカムニュース

悲しくて不安。しかも眠れない。「産後うつ」って何?

出産したママの約10~15パーセントに症状が表れる「産後うつ」。我慢せず、早めに医療機関に相談しましょう。

悲しくて不安。しかも眠れない。「産後うつ」って何?★産後早い時期に症状が出る
産後3ヶ月ごろまでに発症し、2週間経っても改善しなかったり悪化したりするのが「産後うつ病」です。初産の人に多くみられるのが特徴で、育児や家事に支障が出ることも。

★心にもからだにも症状が現れます
〇眠れない(疲れているのに眠れない…)
〇不安やイライラ(赤ちゃんが順調に育っていても「何か病気があるかも」と不安に…)
〇楽しめない(子育てが楽しいと思えない…)
〇いなくなりたい(不安で赤ちゃんと一緒にいられない…)
〇自分を責める(ダメな母親だ…)

★病気なのだから放置はダメ
自分が産後うつ病だと気がつかず、「育児のストレス」と思って我慢している人も多いかもしれません。でも専門医に相談しないでいると、どんどん悪化してしまいます。うつ病は、適切な治療を受ければよくなる病気です。「母親だからもっと頑張らなくては」と自分だけで解決しようとせず、産科医、助産師、小児科医、保健師、または精神科医に遠慮なく相談しましょう。早期発見、早期治療が大切です。

★家族の方にお願い
産後うつ病の患者さんは、心もからだも休養を必要としています。同時に、周囲の正しい理解とサポートも欠かせません。ただ、励ましはかえってマイナスになるので気をつけてください。

 
■合わせて読みたい
市川香織先生のブログ
「産後うつ」について
ベビカム病気ナビ(ウィメンズ・メディカ)
うつ病
うつ病になりやすいのはこんなタイプ
富山県周産期医療情報センター
「産後うつ病」のこと、知ってほしい
powerd by babycome