ベビカムニュースベビカムニュース

カーライフにおける万が一の備え。ドライブレコーダーを選ぶポイント

近年注目のドライブレコーダー。どんなものを選べば良いのでしょうか?

車のフロントガラスなどに取り付けて外の様子を録画するドライブレコーダー。

タクシーに乗った際に見たことがある人も多いのではないでしょうか?
タクシー会社のドライブレコーダーの設置は、乗客とのトラブルや事故の際の証拠用、防犯対策、乗務員の安全教育に役立てるといった理由からここ10年ほどで増えていったと言われています。
そして、この機器の重要性は、今や国土交通省が自動車運送業者に対し導入支援をしていることからもおわかりいただけることでしょう。

ドライブレコーダー選びのポイント

そんなドライブレコーダーですが、近年は自家用車に取り付ける人が増えています。
安全に対して真摯に考える人が増えるのはとても良いことですが、その需要に伴いどの商品を選ぶべきか迷っているという声を多く聞きます。

そんな方のため、ドライブレコーダーを選ぶポイントをまとめました。

1)画質(画素数):事故時などナンバープレートが読める程度の画素数が目安
2)画角:事故で必要となる画像は正面からだけとは限らない。水平画角が広いものを
3)GPS測位機能:カーナビやETCの送受信機に対して干渉しないものを
4)駐車監視機能:当て逃げ対策に
5)取り付け、操作の簡便性:こういった機器を購入する時の基本

ドライブレコーダー

車の使用状況や環境、家族のカタチによっては、上記以外にも必要なポイントは出てくるかもしれませんが、ご自身のカーライフに合ったドライブレコーダーを見つける参考にはなるはずです。

安心・安全は、あなたの、そして、お子さんの快適で楽しいカーライフの土台になります。
必要な備えについて考えてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい
行楽シーズン到来!これで遠出も怖くない!子連れドライブで気をつけること3つ
知っておきたいチャイルドシートのこと

powerd by babycome