ベビカムニュースベビカムニュース

男の子?女の子?おなかの赤ちゃんの性別がはっきりするのは

おなかの中の赤ちゃんの性別って気になりますね。「女の子かな?男の子かな?」と早く知りたくなる人もいれば、産み分けにこだわる人や、出産までのお楽しみにしたい人も…さまざまです。

気になる赤ちゃんの性別。早ければ妊娠5カ月で判明することも
★早い人では4~5ヶ月で判明
ベビカムリサーチ(VOL.210 赤ちゃんの性別について)の結果では、約50%の人が6~7ヶ月頃に性別がわかったと回答。次に多かったのは4~5ヶ月頃と続き、遅い人でも8ヶ月(妊娠30週)くらいまでにはおなかの赤ちゃんの性別がわかったと答えています。

★性別は積極的には知らされない
「そろそろ赤ちゃんの性別がわかるかな?」と毎回のように期待してはみるものの結局わからず、先生からも特に何も話がないという経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、そもそも超音波検査は、妊娠の経過が正常かどうか、おなかの赤ちゃんの成長を診るためのもの。産婦人科学会としては性別を教えないことを原則と決めています。そのため、性別の判定は健診時に必ず知らされるものではないと知っておくとよいでしょう。ただし、6ヶ月になると外性器の形が完成してくるため、超音波検査ではほぼ正確に性別がわかるようになります。ただし、おなかの中の赤ちゃんの位置によっては、赤ちゃんの他のからだの部位で性器が隠れることも少なくありません。そのような場合は、性別を判断することは難しくなります。

>>妊娠6ヶ月「胎児の状態」について詳しくはこちら

妊娠・出産の基本的なことは、妊娠・出産大百科で確認!

■合わせて読みたい
ベビカム妊娠大百科
妊娠6ヶ月「赤ちゃんとママ」
■ベビカム特集
男女の産み分けを考える

powerd by babycome