s
>
>
> わらべうた ごい ごい ごいよ

舟に乗った気分で前後に揺れるあそび

ごい ごい ごいよ

舟こぎさんの「ごいごい ごいよ」のかけ声に合わせてあそびます。「秋に来たら籾をあげるよ」という、人々の暮らしと季節を感じる言葉が入っています。保育者の膝に乗って、前後に揺れる「舟こぎ」の動きで、子どもは自然に腹筋と背筋を使います。

  • 1 ごいごい ごいよ

    歌に合わせ、1拍ごとに、子どもを前後に揺らす。

  • 2 となりのおばば

    そのまま、1拍ごとに、子どもを前後に揺らす。

  • 3 いまきちゃ もみがない あきこい もみやろ

    歌に合わせて、前後に揺らし続ける。

おんぶであそぼう

家庭でおんぶをされた経験が少ない子は、しがみつく力が弱いことがあります。おんぶをして歌に合わせて体を左右に揺らすと、自然にしがみつく力が育ちます。

レシピのポイント

腹筋と背筋は姿勢を保つのに役立つ筋肉。抱っこ紐では育ちにくい筋肉を、あそびのなかで育てます。

お話 木村はるみ先生

「教育研究所 ゆずりは」代表。元コダーイ芸術教育研究所代表。共著に『うたおう あそぼう わらべうた』(雲母書房)など。

初夏の軽井沢を楽しむ宿泊券プレゼント

ピックアップ【PR】

PR