上半身を順にさわられ最後のくすぐりに期待!

〜という人が

「○○ちゃん」と、自分の名前をうたってもらうことで、格別な喜びと、認められた気持ちが味わえる歌です。「お池」が口、「あご坂」であごなど、体の部位を示す言葉とともにさわっていき、最後のおへそのコチョコチョまでの緊張感を楽しみます。

  • 1 (○○ちゃん)というひとが

    子どもの名前を入れてうたいながら、頭を4回なでる。

    2 めんまるさんにまいって

    うたいながら、両目のまわりを8の字になでる。

    3 おはなのあなをのぞいて

    うたいながら、小鼻を軽くつまむ。

    4 おいけのまわりまわって

    うたいながら、口のまわりをクルッとなでる。

  • 5 あごさかおりて

    うたいながら、あごを2回、のどを2回つつく。

    6 むなさかおりて

    うたいながら、胸を2回、みぞおちあたりを2回つつく。

    7 おへそでこちょこちょ

    うたいながら、おへそを2回つついたあと、おへそをのあたりをコチョコチョくすぐる。

レシピのポイント

触覚に過敏さをもつ子には、意識的に触覚を感じるあそびをくり返すことで、過剰反応を抑えていくことができます。

最近は夜更かしの子が問題になっていますが、この歌には「7時になったら寝なさい。ころりと寝なさい」、そして、「朝は早くから起きよ」とあります。成長ホルモンの分泌など、最近では早寝早起きの大切さが科学的に証明されていますが、昔から子どもは早寝早起きをしたほうがいいといわれていたのがわかりますね。

お話 木村はるみ先生

「教育研究所 ゆずりは」代表。元コダーイ芸術教育研究所代表。共著に『うたおう あそぼう わらべうた』(雲母書房)など。

powerd by babycome
お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」
  • お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと
  • パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」

ピックアップ【PR】

PR