>
> 赤ちゃんの薬

赤ちゃんの薬

赤ちゃんによく処方される薬をわかりやすく解説。 薬や食品のアレルギーの有無、ほかに併用している薬があるかなどを医師に正しく伝え、どんな目的で使用する薬なのかを、きちんと確認した上で処方してもらいましょう。

赤ちゃんの薬 目次

せき・たん・鼻水の薬

せきは、気道にたまる分泌物を出して呼吸しやすくするための自然な働き。無理に止める必要はありませんが、長く続くと体力を消耗しますので、そんなときはせき止め(鎮咳剤/ちんがいざい)を使います。症状がおさまったら飲むのをやめても大丈夫。

たんがからんで苦しいときは去痰剤(きょたんざい)でたんを薄め、出やすくします。鼻水や鼻づまりには、アレルギー反応に関わる物質「ヒスタミン」をおさえる抗ヒスタミン剤。去痰剤も抗ヒスタミン剤も、必要な日数分が処方されることが多いので、もらった薬は全部飲みきりましょう。

どんな薬がある?

  • 鎮咳剤/アスベリン、メジコンなど
  • 去痰剤/ムコダイン、ビソルボンなど
  • 抗ヒスタミン剤/レスタミン、ポララミン、ぺリアクチンなど

鎮痛解熱剤

発熱は、細菌やウイルスと戦うための自然な防御反応なので、無理に熱だけ下げても病気は治りません。ただ、38.5℃を超え、体力を消耗しているときには、医師の指導のもと、一時的に熱を下げてあげます。子どもには座薬が使われることが多いようです。

下痢や嘔吐で薬を戻してしまっても、成分がまったく吸収されていないわけではないので、すぐに与えなおさず、しばらく様子を見て。 鎮痛解熱剤はアスピリンが一般的ですが、子どもには副作用が起きることも。市販の鎮痛解熱剤にはアスピリンが含まれていることがあるので、医師の指導を受けてください。

どんな薬がある?

  • カロナール(飲み薬、坐薬)、アルビニー(坐薬)、アンヒバ(坐薬)など

抗生物質

抗生物質は、細菌を殺したり繁殖を抑えたりする薬で、気管支炎、肺炎、中耳炎など細菌に感染して起こる病気のときに投与されます。病状によって、ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系などの中から選ばれます。

細菌を全滅させるまで飲まなくては意味がないので、処方された量と回数はちゃんと守りましょう。乳酸菌やビフィズス菌も殺してしまうので、おなかの具合が悪くなることがありますが、薬を飲み終えればもとに戻ります。 発疹などの症状が起きたらアレルギーの可能性もあるので、医師に報告し、その薬の名前は覚えておくようにしましょう。

どんな薬がある?

  • ペニシリン系/サワシリン、オーグメンチンなど
  • セフェム系/ケフラール、メイアクト、セフゾン、バナンなど
  • マクロライド系/エリスロシン、クラリス、ミオカマイシンなど
  • 合成抗菌剤/バクシダールなど

おなかの薬

下痢や嘔吐は、体内の有害な細菌やウイルスを排出する働きなので、無理に止めないほうが良いのですが、長引くと体力を消耗し、水分や栄養が摂れなくなります。

嘔吐のときは薬も吐いてしまうので、吐き気止めは座薬のことが多いようです。下痢のときは乳酸菌やビフィズス菌を配合した整腸剤を使います。

便秘のときには浣腸剤や座薬を使います。ただし、数日に1回の排便ペースでも、すんなり出るなら便秘ではありません。薬に頼るのは、いきんでも出ない・排便のとき痛がる・うんちがたまりすぎて体調が悪いという症状が出たときだけにしましょう。

どんな薬がある?

  • 吐き気止め/ナウゼリン(飲み薬、坐薬)、プリンペランなど
  • 整腸剤/ビオフェルミン、ラックビー、レベニンなど
  • 便秘薬/グリセリン(浣腸剤)、新レシカルボン(坐薬)など

アレルギーの薬

子どもの代表的なアレルギーの病気はアトピー、ぜん息、アレルギー性鼻炎です。いずれも、アレルゲンに対するアレルギー反応が起きにくくなる抗アレルギー剤が使われます。数ヶ月~数年という長い間、飲みつづける必要があるので、医師の指示に従って根気よく投薬を続けましょう。

アトピー性皮膚炎や、目のかゆみやくしゃみを伴うアレルギー性鼻炎の場合、かゆみや鼻水を抑える抗ヒスタミン剤が併用されることもあります。アトピー性皮膚炎にはステロイドの塗り薬も出されます。いずれも医師とよく相談して、使用期間と量を守りましょう。

どんな薬がある?

  • 気管支拡張剤/テオドール(飲み薬)、ホクナリン(飲み薬・吸入薬・貼り薬)、ベネトリン(吸入薬)など
  • 抗アレルギー剤(飲み薬)/リザベン、アレギサール、ペミラストン、オノン、バイナスなど

けいれん・てんかんの発作をおさえる薬

熱性けいれんの予防薬やてんかんの治療薬として使わる抗けいれん剤は、中枢神経に作用して興奮状態をやわらげ、筋肉をゆるめます。熱性けいれんは発熱すると起こりやすく、予防にはダイアップという座薬がよく使われます。けいれんを起こしたときには、必ず病院に行って原因を見極めましょう。

てんかんの場合は、抗けいれん剤を長期間にわたって毎日飲みつづけ、発作を抑えます。熱性けいれんの場合は予防として一時的に飲むものですが、てんかんの場合は長く飲みつづけるので、定期的に検査を受けて副作用が起きていないか調べましょう。

どんな薬がある?

  • ダイアップ(坐薬)、フェバノール(飲み薬)、デグレトール(飲み薬)、デパケン(飲み薬)など

塗り薬

生まれたばかりのころは、乳児湿疹や脂漏性湿疹など、赤ちゃんならではの皮膚トラブルが起こりがち。自己判断は難しいので、医師の診察を受けましょう。

軽いおむつかぶれや湿疹の場合には非ステロイドの塗り薬を使い、かきすぎて傷になったときには抗生物質を使って化膿を止めます。「カンジダ」は、おむつで蒸れて湿ったところに生える真菌が原因の感染症で、抗真菌剤を使います。

かゆみがひどいときは抗ヒスタミン剤、患部がカサカサしたときには保湿剤を使います。一度にたくさん塗っても効果は変わらないので、医師の指示通りに塗布しましょう。

どんな薬がある?

  • 非ステロイド剤/アンダーム、スタデルム、コンベックなど (軽いおむつかぶれ、湿疹などに)
  • ステロイド剤/ストロンゲスト(デルモベート、ジフラール、ダイアコートなど)、ベリーストロング(トプシム、リンデロンDP、マイザーなど)、ストロング(リドメックス、リンデロンVなど)、マイルド(キンダベート、ロコイドなど)、ウィーク(コルテス、プレドニゾロンなど) (ひどいおむつかぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎などに)
  • 抗生物質/ゲンタシン、テラマイシンなど(とびひ、やけど、切り傷などの化膿止めに)
  • 抗真菌剤/ラミシール、ニゾラール、ベナパスタなど(カンジダ皮膚炎、水虫、たむしなどに)
  • 抗ヒスタミン剤/レスタミン、アンダントール、ベナパスタなど(じんましん、虫さされ、アトピー性皮膚炎などのかゆみに)
  • 亜鉛華軟膏/サトウザルベ、ボチシートなど(じんましん、みずぼうそう、虫さされなどに)
  • 保湿剤/尿素製剤(ウレパール、ケラチナミンなど)、白色ワセリン(プロペトなど)
  • 消毒薬/イソジンなど

からだと心関連の動画

powerd by babycome

赤ちゃんの薬

お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」
  • お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと
  • パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」

ピックアップ【PR】

PR