s
>
> ハーフバースデーって知っていますか?

赤ちゃんが生後6ヶ月目のお誕生日を迎える日を「ハーフバースデー」としてお祝いする習慣が広まってきているようです。でも「ハーフバースデーってなに?」「みんなどんなことをするの?」という人もまだまだ多いのでは。そこで!今回、ハーフバースデーの由来や意味、そして日本に広まったきっかけを特集します!


今の「ハーフバースデー」は、本来の由来とはぜんぜん違うもの!?

「ハーフバースデー」は、もともとヨーロッパやアメリカから始まった習慣といわれています。そして、今、ここ日本で広まっている「赤ちゃんの生後6ヶ月目の成長をお祝いしよう!」という習慣とは少し違うようです。ヨーロッパやアメリカでこの習慣が生まれたきっかけは「誕生日が夏休みなどの長期休暇にかぶってしまう子どもは誰にもお祝いされずかわいそう! それなら長期休暇の前、あるいは、後にずらし、誕生日より半年早く、半年遅いけど、みんなでお祝いしよう!」というのが始まりでした。これはまさに、たくさんの人を招いて、盛大なお誕生日パーティーをするのが習慣や文化となっているヨーロッパやアメリカならではの発想ですね。いずれにしても、たくさんの人に祝ってもらえるのは幸せなことですよね。

(写真はイメージです)


ハーフバースデーに込められた意味とは?

実は、「ハーフバースデー」という習慣は、現在では発祥の地ともいえるアメリカやヨーロッパではあまり残っていないようです。一方、日本では赤ちゃんの成長をお祝いする日として定着しつつあります。生後6カ月の赤ちゃんは、首が座って、寝返りしたり等、動きが活発になって、表情もとても豊かになっています。また、6か月というと、離乳食を始める時期でもあるので、ハーフバースデーのお祝いに「離乳食ケーキ」を作って食べさせてあげるママも多いようです。赤ちゃんの日々の発達と可愛さを満喫できるこの時期、ハーフバースデーはそんな赤ちゃんの成長をお祝いするのにぴったりな記念日と言えるではないでしょうか。

(写真はイメージです)


日本に入ってきて広まったのっていつごろ?

ハーフバースデーは、日本にも定着しつつありますが、では、いったいいつごろ日本に入ってきたのでしょうか? 多くの人がiPhoneなどのスマートフォンで気軽にfacebookやTwitter等のSNSが楽しめるようになった、2011年ごろから広まっていったと言われています。芸能人など著名人がブログやFacebookで自分や友達の子どものハーフバースデーの様子を載せ、それが「可愛い!」「私もやってみたい!」などと話題を呼んでじわじわと広まっていったようです。今ではフォトスタジオでも「ハーフバースデープラン」があるほど、人気が出てきているようですよ。

(写真はイメージです)

端午の節句

おすすめ特集

PR