>
> 体重管理

いろんな体型のママがいるのに体重増加は7kgまでって変じゃない?

妊娠すれば体重が増えるのは当然のこと。赤ちゃんは育っているのだし、ホルモンの影響で体に脂肪がつきやすくなっています。しかし、もとの体型によっても異なりますが、元気な赤ちゃんを産むためには7~10kg増で十分なのです。例えば、妊娠中に10kg体重増加したときの内訳は、胎児3kg、胎盤や羊水、胎児を育てるための血液や水分の増加量が3~4kg、出産や母乳分泌などに必要なエネルギーの蓄え(脂肪)が3~4kg。それ以上の増加は単なるママのお肉。

妊娠すれば体重が増えるのは当然のこと 赤ちゃんは育っているのだし、ホルモンの影響で体に脂肪がつきやすくなっています。

妊娠中の理想体重を割り出す目安として、BMI(体格指数)という数値があります。この数字をもとに自分の体型(やせ型タイプ、標準型タイプ、肥満型タイプ)を知り、それに応じた妊娠中の体重増加の目安にしましょう。

BMIの算出方法

BMI = 「体重(kg)÷身長(m)の2乗」

BMIの数値 妊娠中の体重増加の目安
18.5未満(やせ型) 10~12kg
18.5~25未満(標準型) 7~10kg
25以上(肥満型) 5~7kg

妊娠中の体重管理は「体重を減らすこと(ダイエット)」ではなく、母子ともに健康で安産となるために「増やし過ぎないこと」なのだと心得て行ないましょう。 体重を増やしすぎず、しかも必要な栄養を十分とるには、食事の内容に気を配ることが大切です!

気をつけるポイント

◎1日3食きちんととる(できれば朝を重め、間食と夕食は控えめに)

  • 栄養バランスを考えて食べる
  • 栄養バランスを考えて食べる
  • 塩分をとりすぎない
  • たんぱく質、鉄分、カルシウムは意識して多めにとる
  • 食物繊維をたくさんとる
  • スイーツや脂肪分は控えめにする
  • 揚げる、炒めるより蒸す、焼く、煮るの調理法を心がける

安産を目指し、特別な10ヶ月を自分流に過ごすワザ

食事、運動、生活、この3つが体重管理の柱です。早寝早起き、腹八分目、よくかむ、体を動かす、食事ノート、家事をしっかり、夕食早めに、ストレス解消、1日1回体重計測…体重管理のためだけではなく、体調を整えるためにも効果的です。

安産を目指し、特別な10ヶ月を自分流に過ごすワザ1 安産を目指し、特別な10ヶ月を自分流に過ごすワザ2 安産を目指し、特別な10ヶ月を自分流に過ごすワザ3
powerd by babycome

体重管理