s
>
> 妊娠8ヶ月 「胎児の状態」

妊娠8ヶ月 「胎児の状態」

妊娠28週,29週,30週,31週 (妊娠後期)

だんだんと頭を下にした姿勢に

心臓や肺などの内臓器官はほぼ完成し、体つきは徐々に丸みを帯びてきます。呼吸様運動という生まれた後の呼吸の練習もすでに始めています。胎児の骨格はほぼ完成し、筋力の発達に伴い神経の働きも活発になり、赤ちゃんは自分で自分の動きをコントロールして動きます。男の子は、この頃に精巣(睾丸)が陰のうの中に降り始めます。
多くの場合、胎児は頭を下にした位置(頭位)に落ち着いてきますが、まだ回転するスペースがあるので、今逆子であっても確定ではありません。自然に直る場合も多いので、医師の診断を待ってあまり心配しないようにしましょう。

胎動はますます活発に

7ヶ月の頃には「これが胎動?」と確信を持てなかったママも、28週になるとはっきりと赤ちゃんの動きを体感できるでしょう。8ヶ月後半には、赤ちゃんがどんな向きでいるかということや、ここに足が突き出ているということがわかるようになります。羊水の量はピークを迎え、もう増えなくなるので、赤ちゃんはこれから少しずつ窮屈になっていきますが、自分なりに居心地のいい体勢を取るようになります。
胎動が活発になったら、「妊娠5ヶ月」の項で紹介したキックゲームをまた試してみてはいかがでしょう。これまでは反応が薄かったかもしれませんが、いちばん赤ちゃんの反応が出やすいのは8~9ヶ月のようですよ。ママが叩いたところに反応して、叩き返してくれたりすると赤ちゃんと意思の疎通ができたようでうれしいものです。

妊娠8ヶ月、赤ちゃんのしゃっくり

実は胎児のしゃっくり

定期的にピクッ、ピクッとするような胎動を感じることがあるかもしれません。赤ちゃんがけいれんしているのでは? と心配になるかもしれませんが、これは胎児のしゃっくりです。しゃっくりは横隔膜のけいれんといわれていますが、これが出るということは、一人前に横隔膜が機能しているという順調な成長の証です。なぜ胎児がしゃっくりをするかはわかっていませんが、個人差があり、妊娠中に全く胎児のしゃっくりを感じなかったというママもいれば、しょっちゅうだったという人もいます。

「ママ、よく聞こえてるよ!」

聴覚が完成しており、音の高低、大小も聞き分けられようになっています。急に大きい音がするとびっくりし、胎児の心拍が乱れることもあるそう。パパとママがケンカをしたりするとおなかの赤ちゃんにはあまりよくないのかもしれません。仲直りをしたら、また優しく話しかけてあげてください。

妊娠8ヶ月

妊娠中の関連動画

天然由来の葉酸サプリを5名様に!

おすすめ特集

PR