s
>
> 妊娠6ヶ月 「ママの状態」

妊娠6ヶ月 「ママの状態」

妊娠20週,21週,22週,23週 (妊娠中期)

20~23週のころ、おなかがせり出しこむら返りがおこりやすい 妊娠6ヶ月 「ママの状態」
20~23週のころおなかがせり出し、こむら返りがおこりやすい。ほとんどの人が胎動を感じるようになる。

おなかが少しずつ目立ってくるころ

この頃になると、ほとんどの人が胎動を感じるようになっているでしょう。一般に、経産婦さんほど胎動を初めて感じる時期は早く、初産婦さんほど遅い傾向にあるようですが、これは、初産婦さんは「これが胎動だ」と気づくまでにある程度時間がかかる、ということのようです。おなかも少しずつせり出してきますので、重心が変化し、どうしても姿勢が悪くなりがちです。姿勢が悪いと、おなかに負担がかかりますし、腰痛の原因にもなります。意識的に背筋を伸ばし、姿勢を正しく保つように心がけるとよいでしょう。逆に、あまりおなかを突き出しすぎても、腰によけいな負担がかりますから注意してください。
また、この時期の妊婦さんに多い症状として、足の付け根から下腹部にかけて、シクシクとつれるような痛みを感じることがあります。この頃になると、子宮が急に大きくなるために、子宮の筋肉が緊張したり、子宮を支えるじん帯が引っ張られて起こるものです。妊娠の経過が進むにつれて、少しずつ改善されていく痛みですから、あまり心配はいりません。

妊娠中に風邪を引いたら

妊娠中は、薬の成分が胎児に影響を及ぼすことがありますから、自己判断だけで市販の薬を飲むのはやめましょう。風邪薬は症状を抑えるだけのものなので、からだの自然な防御反応を邪魔しないで体力を回復するために、昔から伝わる「生姜湯」や「葛湯」などを飲んでゆっくり休養をとるのがいちばんです。
しかし、高い熱がでたり、頭痛やせきなどのつらい症状が出ている時は細菌やウイルスの感染が考えられるので、妊娠していることを必ず告げたうえで医師の診察を受けるようにしましょう。妊娠中~後期でも、例えば解熱鎮痛剤、湿布薬などにも使用されているインドメサシンは胎児に影響することがありますので、注意が必要です。


妊娠6ヶ月

妊娠中の関連動画

0歳からのスキンケア

おすすめ特集

PR