妊娠4ヶ月 「胎児の状態」

妊娠12週,13週,14週,15週 (妊娠初期)

ママと赤ちゃんをつなぐ太いロープ

妊娠4ヶ月、ママと赤ちゃんをつなぐ太いロープさい帯 妊娠3週の頃から徐々に作られていた胎盤が、15~16週頃に完成します。これをもって、これまで胎児に栄養を供給してきた卵黄のうはお役御免。胎盤と胎児は、丈夫なロープのようなへその緒でつながっています。赤ちゃんは今後、この胎盤から酸素と栄養をもらい、また二酸化炭素や老廃物を胎盤に排出します。まさしくママと赤ちゃんを結ぶ命綱ですね。へその緒は、ゼリー状のもので覆われていて、ねじれたり切れたりしないようになっています。

胎盤はどうやってできた?

胎盤ができたと言われても、いつの間に? と感じるかもしれませんが、妊娠の直後から胎盤形成はスタートしています。まず、受精卵が着床した子宮内膜が、脱落膜というものに変化します。この脱落膜に、胎芽を取り巻いている絨毛という突起状の組織が入り込んでいき、胎盤が形成されます。胎盤は38週頃まで自らも成長し続け、最終的には、直径15~20cm、厚さ2、3cm、重さ500gの円盤状のものになります。出産の際はまず赤ちゃんが生まれ出て、役割をまっとうした胎盤が最後にママの体から出てきます。

ママの栄養でグングン成長!

胎盤から栄養をもらうよになった胎児は、ますます成長のスピードをあげ、この時期の1ヶ月間で、身長は約2~3倍、体重は約5~6倍にもなります。ママの羊水も急速に増え、広くなったおなかの中で赤ちゃんはとても活発に動いています。髪の毛ももう生え始めているんですよ。
この頃になると、赤ちゃんの大きさに個人差が出てきますが、標準より大きい、小さいということはあまり気にしないで大丈夫。標準値にはかなり幅があり、雑誌や専門書、産婦人科でもらう資料などによって、それぞれ数値が違うはずです。また、健診で知らされる赤ちゃんの体重は、頭の横幅、おなかの厚み・横幅、太ももの骨の長さをもとに推定したものなので誤差もあります。


細かい動きも見られるように

この時期目覚ましく成長する赤ちゃんですが、13週目には内臓や手足などの器官はほぼ完成し、機能も発達してきます。羊水を飲み込んで尿として排泄したりと、腎臓もすでに働いています。骨や筋肉が発達するので、手足を活発に動かし、いろいろな動作を楽しんでいるようですよ。細かい動きも見られるようになり、へその緒を触ってみたり、手をグーパーしたり、口をパクパクしたり。また口に触れたものに何でも吸いつく反射機能が備わるので、自分の指をしゃぶる様子が見られることもあります。もうママのおっぱいに吸いつく準備をしているのですね。脳も急速に発達し、快、不快、怒りなどを感じる部分ができ始めます。