>
> 妊娠3ヶ月 「胎児の状態」

妊娠3ヶ月 「胎児の状態」

妊娠8週,9週,10週,11週 (妊娠初期)

胎児と呼ばれるのは8週目から

妊娠3ヶ月、胎児と呼ばれるのは8週目から 8週目から、胎内の赤ちゃんは「胎児」と呼ばれるようになります。妊娠2ヶ月までは、大人の指先程度だった赤ちゃんは、11週の終わり頃には9cmにもなり形も人間らしくなるので、もう「芽」という感じではないですね。
また、超音波検査でも、7週目まではピクピクと動く心拍が見えただけでしたが、8週目からは音付きです! ドップラー超音波の装置を使い、ドッドドッ! ドッドドッ! というびっくりするほどしっかりした、大人の2倍くらいの速さの心音を聞くことができます。わずか10cmに満たない赤ちゃんですが、力強く生きているのですね。そして、まだたっぷりした羊水の中で、ピョンピョンはねたり、クルクルと回ったりする様子も、健診で確認できるでしょう。

正しい妊娠週数と出産予定日が判明

妊娠9週頃は、胎児の成長の個人差も少ないので、頭のてっぺんからおしりまでの長さ=頭殿長(CRL)を測ることで、いま現在の妊娠週数がほぼわかります。これにより出産予定日もいったん確定されます。産婦人科でもらう超音波写真には、DEL05/05/2012というように予定日が表示されていますが、DELとはデリバリー(Delivery)のこと。出産と配達を意味する単語が同じだなんて、赤ちゃんはママが産み出すというより、どこからか届けられる存在と考えられているのかもしれないですね。
この頃の超音波診断では、すっかり人間の形をした赤ちゃんらしい姿が映るようになります。ときには手を振っていたり、おどけたポーズをしていたりして、ママやパパの愛情も増すことでしょう。胎児名をつけて、ニックネームで呼びたくなるかも。写真に写る胎のうの大きさや形はその時々で変わりますが、超音波診断は角度によって写り方がかなり変わるので、気にしないで。

性別の違いがはっきりと

11週の頃には外性器が形作られ、男女の差がはっきりしますが、超音波診断で見られるのはまだ先です。ところで、性別が決まるのはどのタイミングかご存じですか? 答えは、受精の瞬間。精子にはXとYの2種類があり、卵子にたどり着いたのが、X染色体を持つX精子なら女の子、Y染色体を持つY精子なら男の子になるのです。男子の出生率は女子100に対して105と少し高いのですが、これは、Y精子がXに比べて小さく動きが早いので、受精に少し有利だからではといわれています。

P&G
日本学校図書

おすすめ特集

人気特集